« 看護師がAMRにどう関係しているのか その1;手指衛生 | トップページ | グラム染色はどこまで使えるのか? »

2018年12月10日 (月)

ブログを書籍化します

更新がほとんどできませんですいません。

長年の時を超えてブログが書籍化します。
まずは喀痰だけにフォーカスを絞っています。
Photo
書籍は非常にコンパクトで、白衣のポケットにもすっぽり、ハンドバックにもすっぽり、満員電車で読んでも迷惑にならない、乗り換え時間を気にしなくても大丈夫
などなど。 1単元が5分程度で読めると思います。
一番の魅力は菌種推定とその菌が見えた時にどう考えるのか?病態把握まで含まれた内容です。
誤嚥性肺炎かどうかわかるのか?
肺膿瘍と誤嚥性肺炎は像が違うのか?
貪食って結局どうよ?
などなど。11年間の中で呼吸器感染症を中心にまとめています。
少し高めですが、電子版もついてこの値段なのでお得だと思います。
年末のボーナスで1冊どうですか?
発売は1月23日を予定しています。
翌週の微生物学会でも販売があるようですのでよろしくお願いします。
既にサインの申し込みもあります。学会場で見かけたら声を掛けてください。

|

« 看護師がAMRにどう関係しているのか その1;手指衛生 | トップページ | グラム染色はどこまで使えるのか? »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 看護師がAMRにどう関係しているのか その1;手指衛生 | トップページ | グラム染色はどこまで使えるのか? »