« 2017年6月 | トップページ

2017年7月 7日 (金)

【ご案内】第28回神戸グラム染色カンファレンス開催 7/13

 神戸では年に3回のペースでグラム染色をテーマに感染症診断・治療に関するカンファレンスを開催しています。グラム染色から切り込んで得られる情報をもとに感染症診療をどう進めていくのか、医師、臨床検査技師、薬剤師のそれぞれの立場から学んでいく会です。参加者はテーブルディスカッションを通して活発に討議を行う新しいタイプのカンファレンスです。お時間のある方はご参加宜しくお願いします。

日時:平成29年7月13日(木) 18:50~21:00頃

場所:三宮研修センター(神戸市中央区八幡通4-2-12)

参加費:500円
一般演題
1.「肺気腫の既往のある80歳男性の肺炎」
明石医療センター総合内科 水木真平先生、検査科 森下絵梨先生
2.「人を惑わせる宝石」
大阪急性期・総合医療センター総合内科 中島隆弘先生
(追加発言)
神戸市立西神戸医療センター臨床検査技術部 山本剛先生
どんな症例が出てくるんでしょうかね。非常に楽しみです。
2017713

| | コメント (0)

2017年7月 1日 (土)

沖縄県臨床微生物研究会にお邪魔しました

先週の土曜日(24日)に沖縄県で講演する機会を頂き行って参りました。

人生2回目の沖縄でちょっぴりレジャー気分。
沖縄は神戸から飛行機で1本。最近はLCC路線が繋がり安くて6000円程度で行けます。なんとリーズナブルな時代なんでしょう。

20170624_102835
神戸は20℃前後、しかし那覇は35℃近く。梅雨明けでもう真夏でした。

沖縄で時間ができたので、何かしておきたいと思い「沖縄そば打ち体験」をしました。
読谷村のバアバに怒られつつようやくできた沖縄そば。太麺で頂きました。

お昼を済ませ会場に行き講演開始です。

いつもは20~30人程度の研究会ですが、60名を超える方に来ていただきました。
臨床検査技師以外にも医師や研修医、看護師、薬剤師と多職種の方が来ていたそうです。

1498558003163 会場は熱気むんむん。


グラム染色の聖地ですので生半可なことを言えませんので教科書には書いてないこと、授業では習う機会の無かった内容を中心に話しました。

グラム染色には限界があり、染まらない菌、染まっても細胞の区別は分離困難であることについて話しました。

16 マイコプラズマは細胞壁が無いので染まりません。


しかし、何もなければマイコプラズマも鑑別すべき微生物の一つになります。

教科書に書いていない内容では、毎回させて頂いている喀痰の成因と喀痰グラム染色の対比の話をしましたが、染色像のバックグラウンドをもとに起炎菌を推定していく話をしました。

62

時間が無かったのですが、尿と膿についても少し加えました。ちょっと前に大阪でしたものと同じです。

82
膿尿に始まり、膿尿に終わる尿路感染症のグラム染色。

膿尿にも奥深い意味が隠されています。少しだけ紹介しました。

91
膿は全ての菌が培養でフォローできている訳では無いのでどういった菌がどの程度いるのか確認をすることが大切である。脳膿瘍についてはどういう菌が見えているかで成因が変わるので、感染源を特定する上でグラム染色は有用ですという話をしました。

最後は心構えです。見る前にしっておくとより理解が深まります。

100
夜は懇親会をして頂きました。

沖縄の熱い、暑い夜は非常に楽しかったです。
1498558014230
翌日は沖縄のナイス・ガイ2人に美ら海水族館まで連れて行ってもらいました。感激。
20170625_100134
念願のサニーゴもゲットです。

_20170627_192400_2

本当に沖縄の方々にはお世話になりました。お話できてないことは沢山ありますが、患者さんを中心にしてグラム染色像の確認を続けていってもらい、「ん?これいつもと違うな。」という感覚があれば、是非主治医とディスカッションをしてください。色々なものが見えてくると思います。

また話する機会があれば宜しくお願いします。

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ