« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月19日 (金)

これは重症肺炎か? その1

先月の更新日を見ると4/18。もう月刊グラム染色道場と化しています。

更新が遅くなり申し訳ありません。FB版は結構まめに更新していますので、そちらも宜しくお願いします。

本日は少し症例を交えてディスカッションをしたいので症例提示します(架空症例なのですいません)。

さて、事例です。

患者:80代、男性。
主訴:鼻水、咳嗽、痰
既往歴:糖尿病(治療中)、高血圧
現病歴:1週間前に近医で感冒と言われAZMの処方を受けた。2日間経っても症状の改善が無く、他院を再受診し、経口セフェム内服。その後2日間経過しても改善が無く当院受診。
身体所見:体温37.5℃、心拍数100回/分、血圧150/100mmHg、呼吸数21回/分、SpO2(ルームエアー)95%。左背部下肺でcoarse crackleあり。胸部Xpにて左下肺野にすりガラス影あり。
臨床検査:WBC 9500、Plt 16.2万、CRP 6.8mg/dl、AST 32、ALT 36、BUN 15、Cre 1.00、Glu 256。

喀痰グラム染色を実施したところ下記の画像が得られた。

Photo 喀痰 ☓1000

さあ、どうでしょう。
喀痰を見るとハッとします。一応主治医に電話連絡をしました。

これは余計なお世話でしょうか?また、的確な結果報告でしょうか?

少し考えてください。

| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »