« 明けましておめでとうございます | トップページ | 喀痰グラム染色を斬る その1 »

2017年1月14日 (土)

来週は臨床微生物学会総会・学術集会(長崎)

来週の20日から長崎で第28回臨床微生物学会総会・学術集会が開催されます。

当日は色々と勉強したいと思いますので楽しみにしております。
個人的にも少しお手伝いをさせて頂きますが、昨年好評でした企画(医師を震撼させた微生物検査企画)を今年もする予定です。
今回は会長企画3として3日目に開催をします。
今回は聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院と神戸大学病院の先生にプレゼンターをお願いしております。演者とフロアで一体感のある内容にしたいのですので宜しくお願いします。
「主治医を感激させた微生物検査―検査技師の知識・経験と第六感―」part2
1 月 22 日(日) 10:00~12:00
第 1 会場(長崎ブリックホール 2F 大ホール)
座長:佐々木雅一(東邦大学医療センター大森病院)
山本 剛(西神戸医療センター臨床検査技術部)
1.グラム染色が診断の鍵となったある感染症の 1 例
―インフルエンザ発症から入浴中に溺水した意識障害の患者―
若竹 春明,田中 洋輔
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
2.四肢に多発する有痛性紅斑を主訴に受診したステロイド内服中の 70 歳代男性の一例
西村 翔,楠木 まり
神戸大学医学部附属病院
最終日ですので、もし時間があれば参加してください。

初日の夜はグラム染色カンファレンスが開催されます。これもまた学会とは違う楽しみの一つでしょう。楽しみです。
https://beginnersinfectionconference.wordpress.com/2016/12/12/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0%E6%9F%93%E8%89%B2%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9%E9%96%8B%E5%82%AC%E6%A1%88%E5%86%85/
写真は硝子体液で確認ができた肺炎球菌です。こういう緊急度の高い疾患では培養が待てない分、このようなグラム染色像が確認できればラッキーですね。
迅速性があり、安価で感度や特異度は良くないですが、多様性を秘めた検査ですので積極的に診断検査に取り込みたいですね。周囲には多核白血球もあり炎症巣からの検出が推定されますので、コンタミネーションとの区別も可能です。

2

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 喀痰グラム染色を斬る その1 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明けましておめでとうございます | トップページ | 喀痰グラム染色を斬る その1 »