« ASPと微生物検査 | トップページ | 中四国学会終わりました »

2016年11月29日 (火)

Escherichia albertiiはどうしましょうかね

Escherichia albertiiに係る報告についてという事務連絡が厚労省からきておりますが。病院検査室でどうすれば良いの考えないといけませんね。

http://www.toyama.med.or.jp/…/uplo…/2016/11/2016chi3_178.pdf

E_arb1

Escherichia albertiiについて未だ知らない人はここを読んでください。
IASR2012年 5月号 http://www.nih.go.jp/…/ja/ecol…/ecoli-iasrd/2030-kj3872.html
最初の報告例 バングラディシュ人の下痢便から出た報告ですhttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12807204

ってか、どうすんねんって思う。うちではvero毒素をPCRでしているので引っかかるかもしれないけれど。殆どの病院検査室では対応が無理でしょうね。もう少し実情にあった事務連絡が欲しいと思います。

理由は以下の通り

1)eae陽性、非運動性、乳糖非発酵、硫化水素非産生
→eae遺伝子はハッキリいって無理。運動性と乳糖分解性、硫化水素の産生性についてはTSIとSIMでも鑑別可能。 ここは分けて欲しい。

eae遺伝子については下記の文献があります。

熊本の磯崎先生がまとめています。
http://www.jscm.org/journal/full/02601/026010024.pdf

大阪公衛研の小林先生がまとめています。
http://journal.kansensho.or.jp/Disp?pdf=0760110911.pdf

2)stx2f産生
→無理でしょうね。そもそもイムノクロマトグラフィー法による検出はできないVT2のvariantですからね。stx2fは血便も出ないし、下痢のみの症状が多いものですので、通常のstx2と同じにしてもらっては困る。

http://www.pref.fukuoka.lg.jp/…/l…/212496_51821171_misc.pdf…'

3)Shigella boydii血清型13
→そもそもS. boydiiがでてきたら、異常でしょうね。Shigellaの中でも検出頻度が非常に低いし、S. sonneiのように国内感染事例はそうそうありませんからね。渡航歴をしっかり聞くのが大事ですね。
しかし、同定機器も質量分析も赤痢菌と大腸菌の区別が困難なので注意も必要でしょうね。
http://www.nih.go.jp/niid/images/lab-manual/shigella.pdf…'


4)Hafnia alveiって何か?
→ラボでもたまに見かけるやつですね。下痢を起こす菌を今回対象にしているのですが、H. alvei疑いのものを検出するプロセスは無いですね。便から出たGNR全てを同定すると検査室はパンクしますね。コロニーは少し毛羽立っているので大腸菌とは違うな?って勘は働きそうですね。肺炎、UTIや腹腔内感染や血液培養陽性で見るのが多いので下痢をどこまで拾うかは非現実的ですね。


Hafniaalvei_001_f21_gal_ba_488_f800 下記URLより拝借
http://microbe-canvas.com/Bacteria/gram-negative-rods/facultative-anaerobic-3/catalase-positive-3/oxidase-negative/colistin-susceptible-1/hafnia-alvei.html


http://cid.oxfordjournals.org/content/22/6/1040.full.pdf…'

といいつつ要チェックしておかないと病院検査室の設置している意味が薄れますね。

|

« ASPと微生物検査 | トップページ | 中四国学会終わりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ASPと微生物検査 | トップページ | 中四国学会終わりました »