« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月22日 (木)

菌の擬食化

皆様、更新が遅くなりましてすいません。

別にサボっていた訳ではありませんが、ブログを書く時間が少し無かっただけです。
簡単な呟きであればFACEBOOK版がありますのでまた機会があれば見てください。
さて、今回はためになるかどうか分からない情報です。

https://www.facebook.com/GramStainGym/

菌の擬人化というものは沢山ありますが、今回はN大のN井先生のご要望もあり、なんと擬人化では無く、菌を擬食化してみました。如何ですか?この芸術作品は。

グラム染色像を相手に伝えるのは難しいですよね。


あ~あの形、こういう形といっても中々伝わらない。何か印象的な形象を伝えたい、そう思ったことはありませんか?

そういうお助けアイテムとして今回は代表的な染色像について食物に例えてみました。
まずはブドウ球菌。よく分離されるものとしてStaphylococcusとMicrococcusがありますが、経験上このような染色像に違いがあります。

何と言っても黄色ブドウ球菌は菌体外毒素やフィブリンの影響もあり菌や菌体周囲が赤く見えるのが特徴的ですね。

また、コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)は菌種によって大きさが少し違うのが特徴です。Micrococcusは2つもしくは4つのものが多く見え、菌はStaphylococcusと比べてやや大きめです。

5

次に表現しにくいグラム陰性桿菌。N井先生のご要望でソーセージに例えて違いを検討してみました。

1

やはり、E. coliやKlebsiellaなど腸内細菌群は直線状に見えることが特徴的ですが、緑膿菌はやや湾曲して見えることがあります。Acinetobacterは球菌状に見えることが多いですが、たまに陰性桿菌として見えます。Klebsiellaはアメリカンドッグのように菌周囲に莢膜があるのが特徴です。Klebsiellaの莢膜過剰産生菌の場合はやや大きめのアメリカンドッグでしょうか。ストリングテスト陽性なのはこの菌かどうかの鑑別の一つですね。

3

ブドウ糖非発酵菌ではStenotrphomonas maltophiliaは緑膿菌と少し違い菌が集塊を作ることが少ないように思います。緑膿菌の大きな特徴はバイオフィルム。恐らくバイオフィルムはこのように水(βラクタム薬)を通すことがないのでしょうね。

2

最後に防御機構ですが、貪食像はこんな感じでしょうか。美味しそう。

βラクタムはPBPに作用するので菌の中央部から形状変化(バルジ化、もしくはフィブロブラスト化)するのでこんな感じでしょうか。

4

こうしてみると何となく身近に思えますね。
しかしバカですね(笑)。

たまにはリラックスして仕事しましょうね。

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »