« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月26日 (火)

今だから多い小児の細菌性髄膜炎でののGBS(S. agalactiae)について

久々の投稿です。皆さん心配をおかけしてすいません。師範手前は健在ですのでご安心ください。

本ブログでのコメントは出来ていませんがFacebook上では簡単にコメントしておりますので機会があれば閲覧下さい。アドレスは本ブログの左下からリンクしております(または検索してください)。

さて、細菌性髄膜炎では感染症の中でも重症疾患の中の一つであり微生物検査の結果も予後に大きく反映するものです。そのため髄液グラム染色は非常に重要な検査の一つです。細菌性髄膜炎は発生患者の年齢によっても起炎菌は異なるため、年齢要素は起炎菌を絞る上でも重要です。特に5歳以下の小児では肺炎球菌やインフルエンザ菌(特にb型のHib)が大きなウエイトをしめてきました。

しかし数年前から肺炎球菌にしても、Hibにしても定期予防接種が開始されたこともあり、小児の細菌性髄膜炎の発生数は激減してました。中でもHibの髄膜炎は本当に見る機会が少なくなりました。肺炎球菌による髄膜炎はちらほら耳にしますが、これは肺炎球菌は莢膜の型を限定したワクチンのため、その型に該当しない血清型を持つ肺炎球菌が沢山あるからです。たまに侵襲性肺炎球菌感染症と診断された患者さんへワクチン接種についてアセスメントすることがありますが、「今回罹患したのでワクチンはしても無駄じゃないですか?」と返答を受けることがあり、血清型について説明する機会があります。同じワクチンでも菌種が変われば少し考え方も変わります。

ワクチンについての解説はここが分かりやすいです。

ヒブ・肺炎球菌ワクチンの接種に伴うサーベイランスの必要性について
ところでワクチンの定期接種が開始され、5歳以下の小児ではどういった細菌による髄膜炎が多いでしょうか。検索をすると厚労省の報告書があり少し紹介します。

2013年1月から12月までの調査では
・Hib髄膜炎  2例
・肺炎球菌性髄膜炎 13例
・GBS(S. agalactiae)髄膜炎 11例
となっています。
前述したように肺炎球菌は血清型が多様化しているので単一菌種ではGBSが5歳以下の細菌性髄膜炎で最も多くなります。
----
GBS(Group B Streptococcus)の略称で、β溶連菌の一種。
溶連菌と言えばS. pyogenes(A群溶連菌)を連想させ、GBSと言えばギランバレー症候群を連想させますので、しっかりと菌名提示はしましょう。

血液寒天上には淡い溶血環をもった白色の集落を形成しますが、菌によってはオレンジから黄色に色づくことがあります。

Gbs_2 血液寒天培地上のGBS
------

皆さんご存知の通り、GBS髄膜炎は産道感染で重要な髄膜炎で新生児髄膜炎の主要な菌の一つです。発生時期により早発性(生後6日目まで)と遅発性(生後7日目以降)に分かれ、早発性は垂直(産道)感染由来、遅発性は水平(接触)感染由来と言われています。

GBSは有効なワクチンがありませんので、小児の感染予防は周産期の母体の管理や、出産後の接触感染予防などしか有効な手段はありません。

つまりGBSの髄膜炎は有効なワクチン開発が進み、接種をおこなっていかなければある一定の人口で発生してしますのです。

そうすれば診断を早くすることが必要です。診断を早くする場合にはグラム染色もそうですが、迅速診断検査が役に立ちます。最近では肺炎球菌はイムノクロマト法による診断が可能になりましたがGBSはそれがありません。そのため、別の検査キットが必要になります。

髄膜炎の起炎菌を調べるためにラテックス凝集法によるものがあります。肺炎球菌、Hibに加えて、GBS、E. coli(K1)、髄膜炎菌(A、B、C、Y/W135)が同時に検出可能です。
昔は常備していたところも多かったですが最近は少なくなってしまったようです。

Photo 髄膜炎迅速ラテックス検査

こんな髄液が出たら悠長に培養結果は待ってられません。

Photo_2 混濁した髄液

髄膜炎を診断して1時間も経たない間に抗生剤加療を開始しなければなりませんのでグラム染色は本当に重要なミッションです。

Gbs600 髄液から検出されたGBS

これだけではGBSかどうか判断しきれないことがあるのでラテックス凝集による迅速検査が大きな結果を生むことになります。

血液培養では翌日GBSが陽性となってきますが、少し対応が遅れてしまいます。

Gbs2_2 血液培養からのGBS

10年以上前からGBSの症例研究もしていますが、詳しくしていくとGBSも血清型がⅠa、Ⅰb、Ⅱ~Ⅷ型と9種類あります。髄膜炎が多いのはⅠb型とⅢ型。Ⅰb型で日本に多いST型はCC10(ST10が多い)ようですので、さらに加えて精査していくと色々なことが分かるかもしれません。こういった重症感染症はしっかり疫学解析をしてデータを蓄積していく必要は高く、そのためには微生物検査がしっかりとフォローしていく必要があると思っています。


細菌性髄膜炎は個人的に微生物検査に大きく興味をもった疾患でもあり数年従事していますが、今でも髄膜炎症例は無くなることはありません。臨床検査技師ですので出来る限りのフォローをしていきたいと思います。「がんばれ!俺」、「ガンバレ!私」

| | コメント (9)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »