« 菌種を推定するだけで満足感は得られるのか? | トップページ | グラム染色は61点に »

2014年2月 4日 (火)

第18回神戸グラム染色カンファレンスのお知らせ

ブログ更新が著しく滞り、皆様には大変ご迷惑おかけしております。

学会でも色々とファンの方々からお声を掛けて頂きましてありがとうございました。

さて、毎度のことながら神戸グラム染色カンファレンスの開催時期が近づいて気ました。

今回も下記の内容で開催しますので興味のある方はご参加下さい。

-----------------------------------------------

【お知らせ】第18回神戸グラム染色カンファレンス

日時:平成26年2月20日(木) 18:50~(終了はたぶん21:00頃)
場所:神戸 三宮研修センター

http://www.f-road.co.jp/kenshu/

参加費:500円

司会:住友病院 林三千雄先生、中央市民 竹川 啓史先生

演題1:『すっぱいブドウにご用心』
姫路循環器病センター 羽山ブライアン先生、山本啓子先生

演題2:『発熱、左下腿腫脹をきたした40代男性』
神戸大学 五十嵐渉先生、小林泰菜先生

今回はどんな症例が出るんでしょうか。楽しみです。

----------------------------------------------------

先日は第一回のオフ会を開催しました。関東から九州まで30名弱の参加者にお集まり頂きました。優勝は聖マリアンナ医科大学病院のOやなぎ先生でした。おめでとうございます。

優勝の副賞としてなぶり書きのサイン入り特製微生物検査アトラスを差し上げました。

会の内容ですが何問か質問を出します。勿論グラム染色ありですが臨床所見や放射線画像もありです。最終的にグラム染色を見て菌種推定を行う方式です。

設問の形式は大阪でしているDHC(Diagnostic High-level Conference;通称 ど変態カンファレンス)を参考にさせて頂きました。一応主催者には許可を頂きました。ありがとうございます。

Thinking timeは5分間。

その間質問オッケーですが自分だけ有利になるような質問を考えなければなりません。例えば、血液培養のグラム染色でグラム陰性桿菌が確認出来た場合ですが、『陽性は好気ボトルだけですか?』というと皆さん分かるのでダメです。緑膿菌を疑う場合であれば、『汚染されたプールに入るとこえで皮疹出る事があるやつですね。(緑膿菌性毛包炎のこと)。』というとある程度分からない人がいるので自分に有利になります。

私はいつもスライドの1枚目に答えを隠して出題します。今回はこのようなものでした。さあThinking!!

Photo_3

皆さん大変楽しんで頂いたようで、次年度も学会に合わせて開催予定です。興味のある方が参加宜しくお願いします。

|

« 菌種を推定するだけで満足感は得られるのか? | トップページ | グラム染色は61点に »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菌種を推定するだけで満足感は得られるのか? | トップページ | グラム染色は61点に »