« 匠からの提言 | トップページ | グラム染色所見はいつ報告するのか。今でしょ?後でしょ? »

2013年11月13日 (水)

第17回 神戸グラム染色カンファレンス

年に何回か神戸ではグラム染色に特化した、ある意味特殊な研究会を開催しています。

テーブルディスカッション形式で行い、他職種との意見交換も活発にできる研究会です。
興味のある方は参加下さい。
今回はどういった症例が飛び出すんでしょうか。期待したいですね。
------------------------------------
第17回 神戸グラム染色カンファレンスのご案内

下記の内容で第17回神戸グラム染色カンファレンスを開催します。日常的に感染症診療の一環で行われている『グラム染色』から得られる感染症情報を活用し、どのように感染症診療に切り込んでいくのか医師、臨床検査技師それぞれの立場から考えて、活発なディスカッションを行おうという新しいスタイルの会です。お忙しいとは存じますが時間のある方はご参加ください。

日時:平成25年11月20日(水) 18:50~21:00

場所:三宮研修センター6...
階会議室
http://www.f-road.co.jp/kenshu/

参加費:500円

症例検討会
司会:兵庫県立尼崎病院 ER総合内科 野中優江、同検査部 上霜剛

1.『産婦人科病棟の発熱』
大阪府立急性期総合医療センター 総合内科 鈴木輝
神戸市立医療センター中央市民病院 臨床検査技術部 竹川啓史

2.『発熱、全身倦怠感、腰背部痛のある74歳男性』
西神戸医療センター 臨床検査技術部 山本 剛
--------------------------------------
下記は先日のシンポジウムで話した内容です。
私は染色前に原因菌は何か絞ることがあります。グラム染色にとって良い材料を採取することは大切です。
Photo
----------------------------------------

facebookのページ;www.facebook.com/GramStainGym

|

« 匠からの提言 | トップページ | グラム染色所見はいつ報告するのか。今でしょ?後でしょ? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。