« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月30日 (火)

複数菌が見える場合のグラム染色の見方

色々な場所に行きレクチャーをさせて頂く機会が増えました。

自分自身として勉強のために始めたブログですが、この数年で人気者になってしまいました。皆さまのご愛顧ありがとうございます。

多くがネット上に記載している内容について共感できることが多くハマったり、分からないことを調べていると辿りつきそのままハマる方が多いように聞きます。

元々、行間を読むような内容について自分自身に疑問を抱き、調べものをしている間に問題解決がなされ、自分自身のみで蓄えておくべき知識では無いのでオープンにしています。

中には共感できないものも多くあるでしょうし、検査室にいけばここまで分かるんだと思われて迷惑であるというお叱りを受けることもあります。グラム染色に関係する人口は非常に多いので色々な刺激を受けることは自分にとって良いことと思っています。

今後とも本ブログを飽きずに読んで貰い、意見交換をしていければと思います。

さて、グラム染色の初歩的な技術として多数菌種が確認された場合はどうやって見る(見方を習得)するのが良いのでしょうか的な内容を話することがあります。

グラム染色は漠然と見るものでは無く、描写される映像の中に

1.何菌種存在するのか?グラム陽性は?グラム陰性は?

2.特徴があり推定できる菌種は無いだろうか?

3.白血球、貪食像や生体由来物質はどういったものがあるだろうか?

簡単に説明するとこの3つである。

1は微生物検査をしていて最低限掴まないといけない情報であるが、初心者には中々難しい命題になると思います。私も微生物検査を始めたころはそうでした。

何菌種存在するのかという前に、グラム染色の染色性について分別する必要がありますが、グラム陽性菌はグラム陰性菌に比べて人間の眼には分かり易く写ります。それは、背景色が赤色(グラム陰性)であるため、同系色である場合には見難いからだと言われています。

なので、レクチャーの際には

『最初に見落としを少なくする方法は、グラム陽性菌と陰性菌は分けて見て行く。』というものである。陽性からでも良いですし、陰性からでも良いです。

例えば、グラム陽性菌に着目して、桿菌と球菌に分類する。形状から推定できる菌はその時点で挙げていく。同じくグラム陰性菌についても分類し推定できるものはする。

始めから複数菌を見れるのであれば問題が無いでしょうが、最初からそのような達人技を持つ人は少ないでしょうし、漠然と像のみ観察してしまい何がどうとか解釈が難しくなるのでは無いでしょうか。

染色の手順も、染色態度も至ってシンプルです。鏡検ももう少しイージーに考えても良いのでは無いでしょうか。

写真は肛門周囲膿瘍です。見るからに複数菌種が存在します。

Photo×1000

見て行くと、グラム陽性球菌は貪食像を中心に多く、細胞外にあるものはやや小さく染色性も悪く嫌気性菌を疑います。同じく、グラム陰性菌は桿菌に着目すると、太目で短い桿菌と細く紡錘形になっている桿菌が観察されます。紡錘状のものは特徴的でFusobacteriumですが、太いのは何でしょう?形状からは腸内細菌やBacteroidesを疑う所見なので、肛門周囲膿瘍の典型的な像となります。翌日、好気培養に発育しなければ全て嫌気性菌となり、太目の桿菌はBacteroidesの可能性が高くなります。

| | コメント (0)

2013年7月19日 (金)

7/27は福井でお話します

神戸は梅雨明けして夏本番になってきました。

とは言っても院内は空調が整備されていて外が暑いかどうか良く分かりませんが。

週末している野球は暑い中していますが、非常に清々しく身体を動かしています。

さて、2009年以来中止していました福井でお話させて頂く機会を頂きました。色々思うことが多いので本当に楽しみにしています。

福井県臨床検査技師会 微生物・ICT合同研修会

日時:平成25年7月27日(土) 14:00~

場所:公立丹南病院 2階 大会議室

http://www.fukui-amt.org/kensyukai/annai_2013/biseibutsu&ict2013-07-27.pdf

中止になった理由は2009年に神戸で新型インフルエンザの国内発生と重なり、患者受け入れ準備の真っ最中で流石に行くことが出来なかったためです。担当者には大変ご迷惑おかけしたと思います。

http://www.fukui-amt.org/kensyukai/annai_2009/biseibutsu09-05-16.pdf

こんな感じでした。

Photo

でも2009年よりパワーアップしていますので面白い内容を話させて貰いたいと思います。

グラム染色は本当に始めたばかりで右と左が分からない人から、1日に何枚も見て何年も経つぞとう方までいらっしゃいます。拘りも人それぞれで簡単な内容から難しい内容までリクエストされます。

今回はそんなリクエストを網羅できるような内容にしています。福井の皆さま宜しくお願いします。

後半はいつも臨床活用法です。

冒頭の症例紹介もどういう症例が出てくるのかはお楽しみにして下さい。

スライドを1枚紹介します。同じ陽性球菌でも対応は大きく異なりますね。

Photo_2

| | コメント (0)

2013年7月16日 (火)

第7回グラム染色から学ぶ感染症診断・治療研究会(GSSG)のご案内(第1報)

下記の研究会は午前の部が定員に達したため受付を終了しております。

引き続き、午後の部(ケーススタディ)の申し込みはしております。

--------------------------------------------------------------

今年もやります、第7回グラム染色から学ぶ感染症診断・治療研究会(GSSG)。

グラム染色から学ぶ感染症診断・治療研究会(GSSG)の第7回例会を下記日程で開催いたします。今回のテーマは「グラム染色を生かした感染症診療」です。これまでの例会と同様にグラム染色の基礎知識の確認、顕微鏡を使っての実習、症例検討をグループワーク(即席ICT)でおこないます。今回も前回と同様、午前のみの参加、午後のみの参加、午前午後通しての参加いずれかを選べるようにいたしました。初心者でも理解しやすいように基礎的な内容を数多く盛り込んでいますのでグラム染色に興味のある方であれば職種・経験年数を問いませんが、看護師の方は、ICN、ICTメンバー、リンクナースの方が望ましいと思われます。是非ご参加ください。これまでに参加された方も大歓迎です。

テーマ:グラム染色を生かした感染症診療

日時:平成25年9月8日(日)9:00-16:30(受付は8:30から)

場所:大阪市立大学医学部学舎 5階 微生物実習室

対象:医師、検査技師、薬剤師、看護師(ICN、ICTメンバー、リンクナースなど)

募集人数:先着順:午前の部60名、午後の部120名(午後の部には午前・午後通しの人が含まれます)

参加費:午前のみ2000円、午後のみ2000円、午前と午後の通し 3000円(資料代込み)

申し込み先:西神戸医療センター 山本 剛 まで(email; gssgidあっとまーくyahoo.co.jp :お手数ですがあっとまーくを@に変更下さい。)
申し込みを確認したら一度返信いたします。確認メールが届かない場合は再度ご連絡下さい。

8:30- 午前の部 受付開始

9:00-12:00   午前の部 グラム染色の基礎知識(適切な検体採取法と保存、実習「基本的な染色手順とその確認」、顕微鏡使用による、実際の標本の判定(実習、Q&A))

12:00-13:10 お昼休み

13:20-16:30午後の部 症例検討(グラム染色から考える症例検討をQ&A形式で4例予定しています、即席ICTによるグループディスカッション方式を予定しています) 

------------------------------

おもむろにfacebookのページを作成してみました。

拙い英語で簡単に紹介しております。興味のあるユーザーの方は『いいね!』を押して下さい。

www.facebook.com/GramStainGym                 

| | コメント (0)

2013年7月11日 (木)

第16回神戸グラム染色カンファレンスのご案内

今回で16回目となりました。お時間のある方はご参加下さい。

さあ、何が出るかな?

-----------------

日常的に感染症診療の一環で行われている『グラム染色』から得られる感染症情報を活用し、どの様に感染症診療へ切り込んでいくのか、医師・臨床検査技師、薬剤師、それぞれの立場から考え、活発なディスカッションを行おうという新しいスタイルの会であります。お忙しいとは存じますが、ご出席賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

日 時 ; 平成25年7月24日(水) 18:50~
...
場 所 ; 神戸国際会館 8階 802、803号室
http://www.kih.co.jp/access/index.html
参加費 ; 500円

司会
神鋼病院感染症科  香川 大樹 先生
西神戸医療センター臨床検査技術部   山本 剛  先生

症例検討会 19:00~20:50
1. 「ASIAN KUNG-FU GENERATION」 担当:県立尼崎病院
臨床研修医 加耒 佐和子 先生
検査・放射線部 河本 まゆみ 先生

2.「褥瘡のある寝たきり老人がsepsis」 担当:明石医療センター
内科 川本みぐみ 先生
検査科 中尾英樹 先生

---------------

先日のオレンジ色の喀痰(http://gram-stain-id.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-5de9.html)はLegionella肺炎でした。

------------------------------

おもむろにfacebookのページを作成してみました。

拙い英語で簡単に紹介しております。興味のあるユーザーの方は『いいね!』を押して下さい。

www.facebook.com/GramStainGym

| | コメント (1)

2013年7月 1日 (月)

今週は島根県に伺います

今週の金曜日に島根県松江市に伺います。

昨年の10月に松江地区感染対策研究会が好評だったので続編です。

今回は最初に基本的な内容(塗抹の塗り方とか脱色とか・・・)を少しだけ話しますが、前回がっつりしているので今回は臨床編です。私がいつも感染症診療支援として活用しているグラム染色について話をします。

感染症診療をしているとグラム染色無しでは不安で仕方ないというあなた、時間があればちょっとだけでも良いので聞きに来て下さい。金曜なので菌活しましょう。

松江地区グラム染色スキルアップセミナー

『グラム染色の臨床活用法』

日時:2013年7月5日(金) 18:30~

会場:松江テルサ4階 中会議室

http://www.sanbg.com/terrsa/access/index.html

下記は市中肺炎患者から採取された喀痰です。答えが知りたい人は、松江テルサへGO!

Photo

------------------------------

おもむろにfacebookのページを作成してみました。

拙い英語で簡単に紹介しております。興味のあるユーザーの方は『いいね!』を押して下さい。

www.facebook.com/GramStainGym

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »