« 第7回グラム染色から学ぶ感染症診断・治療研究会(GSSG)のご案内(第1報) | トップページ | 複数菌が見える場合のグラム染色の見方 »

2013年7月19日 (金)

7/27は福井でお話します

神戸は梅雨明けして夏本番になってきました。

とは言っても院内は空調が整備されていて外が暑いかどうか良く分かりませんが。

週末している野球は暑い中していますが、非常に清々しく身体を動かしています。

さて、2009年以来中止していました福井でお話させて頂く機会を頂きました。色々思うことが多いので本当に楽しみにしています。

福井県臨床検査技師会 微生物・ICT合同研修会

日時:平成25年7月27日(土) 14:00~

場所:公立丹南病院 2階 大会議室

http://www.fukui-amt.org/kensyukai/annai_2013/biseibutsu&ict2013-07-27.pdf

中止になった理由は2009年に神戸で新型インフルエンザの国内発生と重なり、患者受け入れ準備の真っ最中で流石に行くことが出来なかったためです。担当者には大変ご迷惑おかけしたと思います。

http://www.fukui-amt.org/kensyukai/annai_2009/biseibutsu09-05-16.pdf

こんな感じでした。

Photo

でも2009年よりパワーアップしていますので面白い内容を話させて貰いたいと思います。

グラム染色は本当に始めたばかりで右と左が分からない人から、1日に何枚も見て何年も経つぞとう方までいらっしゃいます。拘りも人それぞれで簡単な内容から難しい内容までリクエストされます。

今回はそんなリクエストを網羅できるような内容にしています。福井の皆さま宜しくお願いします。

後半はいつも臨床活用法です。

冒頭の症例紹介もどういう症例が出てくるのかはお楽しみにして下さい。

スライドを1枚紹介します。同じ陽性球菌でも対応は大きく異なりますね。

Photo_2

|

« 第7回グラム染色から学ぶ感染症診断・治療研究会(GSSG)のご案内(第1報) | トップページ | 複数菌が見える場合のグラム染色の見方 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第7回グラム染色から学ぶ感染症診断・治療研究会(GSSG)のご案内(第1報) | トップページ | 複数菌が見える場合のグラム染色の見方 »