« 肺炎球菌を発育させるのは難しいか? | トップページ | 来週は長崎県に参ります »

2013年4月22日 (月)

決めてに欠けるが原因菌を推定する方法

エキスパートオピニオンのレベルにもなっていないことですが、個人的に肺炎の原因菌を探す場合のことです。

喀痰の色合いを見ます。喀痰中に赤いベターとするようなもの(フィブリン)が多く散在している場合は下記の4つの原因菌を探します。

1.S. pnuemoniae

2.S. aureus

3.Aspergillus

4.M. tuberculosis

肺炎球菌はご存知の通り大葉性肺炎を起こす代表的な原因菌。肺胞内に貯留したフィブリンを多く含む喀痰が出ますので、良質な痰を採取した条件ですが、このフィブリンを多く含む喀痰が見えた場合は肺炎球菌を探すと見つかることが多いです。

確率論ですが、2,3,4はいずれも市中肺炎の原因菌としては肺炎球菌より少ないので、結局肺炎球菌かどうかを見極めることになります。熟練してくるとこれらの違いが分かります。

喀痰グラム染色で肺炎球菌を探す場合は全てで莢膜が見つかるのかというとそういう訳ではありません。

肺炎球菌かどうか迷う場合、抗菌薬が既に投与されていて菌が確認出来ないが肺炎球菌性肺炎と思う場合は、この背景に注目して原因菌を推定して探すということをすると推定確率も上がるのではないでしょうか。

こういうことをしている施設はあると聞きますので、まんざら嘘では無いのかと思います。

胸部単純撮影所見、身体所見、患者背景とこの喀痰の背景の色を見ながら菌を推定してみても良いと思います。

写真は莢膜が薄い肺炎球菌です。口腔内のレンサ球菌かどうか迷わずに結果を報告するには経験いるかもしれませんね。

4 3


|

« 肺炎球菌を発育させるのは難しいか? | トップページ | 来週は長崎県に参ります »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 肺炎球菌を発育させるのは難しいか? | トップページ | 来週は長崎県に参ります »