« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月18日 (月)

道南感染対策セミナーに行きました

6/15は函館で開催された道南感染対策セミナーに行かせて頂きました。

会場となった函館中央病院には沢山の聴衆が参加して頂きありがとうございました。

さて、今回は『あれこれ使えるグラム染色所見-抗菌薬適正使用の指標として-』というテーマでお話させて貰いました。

ベースとなるのは当院のものです。

当院は耐性菌は少なく、各菌のアンチバイオグラムも良好な数値となっています。緑膿菌についてはMDRPはここ数年間お見かけしませんし、カルバペネムの感受性率も90%を超えています。カルバペネムが感受性だから使おうという風土は無く、出来るだけ使わないように心がける医療を展開しております。

他院から来られる医師に当院の微生物検査について尋ねると結果が返ってくるのが速いと嬉しいコメントを頂くことがあります。これも、グラム染色に基づいた検査結果の迅速な報告が背景にあるからだと思います。

グラム染色を通じて得られる検査情報をまとめて答えることをしています。

セミナーでは下記の点について強調しました。

1)検体採取がいい加減になると結果も明確なものが得られなくなる。

2)顕微鏡を覗かずに抗菌薬を選択するとはリスクを伴うし、広域抗菌薬の選択に走りやすくなる。

3)自施設のローカルデータは整理して、迅速な結果が必要な時に合わせてコメント出来る体制を予め整えておく。

4)特に感染症に造詣の深い医療従事者が少ないほどグラム染色の結果が活きる。

短時間しか話出来ませんでしたので少し内容が難しかったかも知れません。すいません。

1胸部単純撮影だけじゃ無く、グラム染色は見ないと不安です。

グラム染色は奥が深く、専門的にとらわれがちですが、やっぱり手付かずでは無く、1つ1つ症例を積み上げてものにしていくことが大切です。私も毎日50-60症例は見ていますが、ここが大事という症例は1割程度。でもその1割を大切に扱わないとスキルアップがありません。

培養結果が出たら見直しをする。数日後に検体が出たら前回との比較をしてみる。

何度も同じスライドを見ることは本当に大事だと思うこのごろです。

お世話になった先生どうもありがとうございました。

写真は連れて行って頂いた函館山の夜景(寒かった・・・)。

夜景は六甲山とはまた違う格別なものでした。

Cameraroll1340013319_059359 函館山の夜景

 

| | コメント (0)

2012年6月11日 (月)

行列のできるスキルアップセミナー&九州臨床感染症セミナー 終わり

週末は2つの会で話す機会を頂きました。

 行列のできるスキルアップセミナー(三重)

 http://gram-stain-id.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-0977.html

 九州臨床感染症セミナー話させて頂く機会がありました。

 http://www.bdj.co.jp/seminar/2012/0609.html

 お世話になって方々、ご清聴して頂きました方々ありがとうございました。

 一緒に内容を話すと大変なことになるので、まずはスキルアップセミナーの内容についてです。複数回に分けて話します。

 ------------------------------------------------------------------------

 細菌検査をはじめて5年目程度の臨床検査技師さん向けの話をさせて貰いました。

 会場で最初にアンケート採りましたが、内容としては丁度良かったのでは無いかと思います。

 また、私よりベテランの方々も参加されていたようで、少し緊張を隠せないレクチャーになってしまいました。当日はテキストを配布させて頂きました。ハンドアウトでは無く、ちゃんとしたテキストですので、少しは分かりやすいのではないかと思います。ブログ添付も考えましたが当日会費を支払っておられる方々に配慮してダイジェストを掲載します。

 1)グラム染色が注目されているのはなぜか?

 『迅速に原因疾患と原因微生物を特定し、狭域かつ適正な抗菌薬を選択し、適切な治療を行いたいから』では無いでしょうか?

 24年度の診療報酬改定による点数アップ、感染防止加算による細菌検査への注目度アップなど理由もあるでしょう。そのため、上司または病院管理者から、『グラム染色を頑張りなさい』というお達しもあり、やらなければならない方も居るでしょう。

 やるからには結果を出さないと意味がありません。

 私たちはグラム染色というツール(アイテム?)で、標本を通して患者さんの声を聞き、治療に参画していくことが必要とされているからでしょう。それなりの診療報酬を頂いているのですから、それに見合った報告をするのは当たり前のことです。

 2)グラム染色法の特徴

 主にBM法とフェイバー法について、染色時と鏡検時のポイントを話しました。

 この2つの方法で大きな点は、前染色液が違う成分であることです。

 BM法はクリスタル紫、フェイバー法はビクトリア青。

 また分別や媒染の方法も違うので、材料の種類や菌による染色性の違いを話ました。BM法も脱色液の違いがあり、染色性が若干違うことがありますので、その違いについて話しました。

 染色で一番大事なのは脱色と標本の作製(種類)です。

 液状検体で菌量が少ないものは厚めの標本、膿性検体で菌量が多いのは薄めの標本が観察しやすく、特に新聞紙程度が明解に読める程度が理想的です。

(常在菌混じりの膿性喀痰の場合)

BmBM法(和光のネオ)Photoフェイバー(後染色はパイフェル)

(ムコイド緑膿菌の場合)

Bm_2BM法(和光のネオ)Photo_2フェイバー(後染色はパイフェル)

フェイバーは膿性成分が多いと染まりが悪くなりますが、染色の手順は簡略化されている。ビクトリア青の場合は、チャコールとの鑑別が少ししやすい(私信)。

4)染色は青と赤のコントラストだけだけど奥が深い

グラム陽性菌は青、それ以外のグラム陰性菌や菌体以外の成分は赤く染まります。

グラム陽性菌は細胞壁がグラム陰性菌より厚く、脱色を受けにくいため青く染まります。グラム陰性菌は脱色の作用を受けて脱色されるが、後染色液で赤く染まる。

赤には2種類あり、サフラニンとパイフェルがある。パイフェルは主成分がフクシンになるので、サフラニンよりグラム陰性菌の確認がしやすい。特にキャンピロバクターのような染色性が悪い細菌では差が大きく出る。

教科書的にグラム陽性と分類されているが実際はグラム陰性菌に染まるもの、またはその反対の菌種を覚えておくと、いざという時役立つ。

2菌以外の成分は赤く染まる。無機物は染まらない。

1教科書的で無い染色性を示す細菌の例

続きをお楽しみに。

--------------------------------

少しお知らせです。

今週は『道南感染対策セミナー』に伺います。

日時:2012年6月15日(金) 19:00-20:15

場所:函館中央病院 8階講堂

http://www.chubyou.com/

テーマ;『あれこれ使えるグラム染色所見-抗菌薬適正使用の指標として-』

宜しくお願いします。

 

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »