« 行列が出来るスキルアップセミナー研修会Ⅲ | トップページ | 気になる 感染防止対策加算 24年度診療報酬改定 »

2012年3月 2日 (金)

スキルアップセミナーの申し込みが開始されたました サンプル答えあります

スキルアップセミナーの受付開始になりましたね。担当者さんからは、受付開始とともに申し込みが来て登録に追われているとお聞きしました。他のスキルアップセミナーの内容を見ていると非常に豪華な講師陣で、皆さん三重に行きたくなるような内容ばかりですね。私も頑張らねばと思います。

http://www.61jamt.jp/gyou/

最近、色々な場所で色々な人にブログの話を伺います。

N医大のK先生のご指導もあり2007年から始めたこのブログですが、もう直ぐ5年になろうとしています。最初は、自分の考えの是非を伺いたくて始めたのですが、今では教育ブログになってしまい良かったのではないかと思っております。

別に私の成果でもありませんが、その間にグラム染色の診療報酬も25点から50点へと倍増することとなりましたし、検体管理加算にはグラム染色が必要になってきました。これは素直に喜ばないといけません。ただし、診療報酬が上がった分だけ、しっかりと結果報告をし、診療支援に結びつかなければならない責任はありますよね。

---------------------------------------------------------------

ところで、先日の記事ですが、どういう答え方をしたのか参考に内容をご紹介します。

http://gram-stain-id.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-0977.html

患者情報として、消化器術後の患者で喀痰を提出してきたというシチュエーションです。

写真1はこれです。

10001 ×1000

グラム染色の読みとしては以下のような内容が汲み取れます。

1)多核白血球が多い良質な喀痰であること。

2)グラム陽性球菌とグラム陰性桿菌が見え、グラム陰性桿菌の方が数的に多いこと。

3)グラム陰性桿菌の多くは貪食されている像が確認されること。

4)グラム陰性桿菌の多くは大きく無く、短くも無い桿菌で、莢膜は確認出来ないこと。

これを術後患者と掛けて考えると

①嚥下が上手にいかず誤嚥性肺炎を起こしている。

②消化管の動きが悪くなり、消化液の逆流が起こり肺炎となっている。

③手術をするような患者であり、医原的行為が実施されていることや術後抗菌薬が投与されているのにも関わらず、菌が検出されている(つまり耐性菌の可能性を示唆する)。

①②③を考えて、胸部X線で浸潤影が確認されていると術後肺炎の可能性が高まります。当然、術後抗菌薬に無効なグラム陰性桿菌を中心とした誤嚥性肺炎の治療方針を固めることが論点になります。緑膿菌も視野に入れての対応になりますので、当院では初期治療としてCAZ+CLDM、またはPIPC/TAZが選択肢として上がってきます。一応、グラム染色の結果とともにディスカッションをして、投与量、投与回数、投与期間、培養結果判明までの対応について決定します。

そして、臨床経過として呼吸回数、SpO2、体温、血液検査(必要かどうか判りませんが胸部X線も)を確認し、相談して使用した抗菌薬の効果について追っていきます。

必要が無いかもしれませんが、菌が残っていないか、使用抗菌薬に対する菌交代現象が確認されていないかなど観察する目的で培養検査をします。当然、培養検査の前にグラム染色にて抗菌薬の効果についてのスクリーニング検査は実施します。

下記が投与5日後のグラム染色です。

510001 ×1000

このグラム染色の読みとしては以下の通りです。

5)先日確認した結果に比べてグラム陽性球菌もグラム陰性桿菌も確認されなくなったこと。

6)多核白血球は沢山見えているため、良質の喀痰であることが判ること。

結果的にこうコメントしています。

グラム染色上では先日確認された菌は確認出来ていません。菌は減少し、投与している抗菌薬に効果があると考えます。多角白血球は依然として確認されており、炎症症状は継続していると思われます。肺炎を考える場合、先日お話した投与日数は最低継続をお勧めします。また、経過中に症状が悪化した場合は耐性菌の出現など、再評価が必要になるので、再度、喀痰培養をご検討下さい。

このようにして、グラム染色を使いながら診療支援を進めていきます。勿論培養結果も参照にしないといけない場合もありますが、抗菌薬投与下ではグラム染色で確認出来るが、培養では発育しない、または菌が思ったより少ないなどがグラム染色の所見を持ってお話出来るからです。

こういった内容を踏まえるとグラム染色が50点とは決して高い検査では無いはずです。

当日はこんな内容を話してきます。

また、ブログアップもアップアップせずに頑張りますので応援宜しくお願いします。

|

« 行列が出来るスキルアップセミナー研修会Ⅲ | トップページ | 気になる 感染防止対策加算 24年度診療報酬改定 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行列が出来るスキルアップセミナー研修会Ⅲ | トップページ | 気になる 感染防止対策加算 24年度診療報酬改定 »