« CAPD腹膜炎の検査って | トップページ | 横筋に逸れますが・・春は出会いと別れの繰り返し »

2012年3月26日 (月)

血液培養陽性の報告はどうするのが良いか? 前編 医師に聞きたいこと

最近、グラム染色クイズがありませんが、少しご勘弁下さい。

先日、静岡県のセミナーに伺いました。医師と技師の間のコミュニケーションを上手くさせるために必要なスキルを付けることを目的とした内容です。医師と技師が同じテーブルに座り、1つの感染症例についてお互いの意見をぶつけ合い落とし所を考えることは、双方の仕事のスキルアップのために必要では無いかと思います。とても良い会だったと思います。

さて、その中でこんな質問がありました。

『血液培養陽性の連絡時にどんな情報があれば有用ですか?』

さて、皆さんの施設ではどうなっているのでしょうか?

院内ルールはあまり無いと思います。勿論、院内実施と外部委託では対応はガラリと違うと思います。丁度、私も自分の施設でしている内容をまとめ直してみました。

【陽性時に医師に聞きたい情報】

1)血液培養を提出した理由
 そもそもどういう理由なのか、殆どの症例が感染症を疑うからであり、単純に熱が出たのでパスで採血が実施されたなども入るかもしれません。
2)感染症の場合は医師が想定している疾患
 既に疑わしい疾患は、現場にはあるわけで。大まかに疾患について突っ込んでも良いと思います。疾患から検出頻度の高い菌が判ることが多いです。
3)現行の抗菌薬とその選択理由
 1)と2)に続いての事ですが、使用抗菌薬を知ることで、感受性結果として欲しい抗菌薬が判ります。また、今後、広域⇒狭域への適正使用を促すことが出来ます。
4)結果報告の方法、推定菌の情報は何処まで要るのか?
5)結果は急ぐのか?何時までに欲しいのか
 既に、初期治療など、適切な処置が施されて、症状が沈静化している場合もあると思います。逆に症状が改善されていない場合があります。結果はどのレベル(情報として菌種まで、グラム染色の結果まで、推定菌の段階までなど)の情報を求めているのか知ることは、同定感受性のプロセスを作り出すために必要です。
6)誰が採血したのか、採取部位(抹消、ルート、部位)
 本来はあってはならないことですが、どうしても皮膚常在菌のコンタミネーションが起こる場合があります。殆どが採血手技上の問題ですが、採血者の問題も含まれることが多いと思います。血液培養の採血慣れている人であると、コンタミネーションの可能性も下がりますが、夜間、休日通して、必ずしも一定の人が行えるわけでもありません。
また、採血部位はどこなのか?カテーテル採血なのか、カテーテルでも鎖骨下動脈なのか?また、FDLのような汚染が多い場所なのか?それにより今後の対応も大きく変わります。
面倒くさいと思う方も居るでしょうが、採血理由を聞くことは、微生物検査のプロセスを構築するために必要であり、微生物検査が血液培養陽性というクリティカルな状態をもって意思疎通を図ろうとすることは、臨床現場にとって無駄なことでは無いと思います。

書こうと思いましたが、【陽性時に医師に伝えたい情報】は次回へ続く・・・・。

写真は、Clostridium perfringensです。敗血症時の死亡率が高い疾患ですが、一部消化器疾患のオカルト症例として言われることもあります。壊死性筋膜炎の場合は急ぐでしょうし、ドレナージが上手くいった胆管炎の場合は急がない場合もある菌の一つです。こういうのは微生物検査室だけで決めにくいので、上記の内容について丁寧に聞いてみましょう。ただし、電話の場合は向こう側の都合がありますので、一度『今お時間宜しいでしょうか?』という言葉は付けましょう。接遇接遇。

Photo_2 ×1000

|

« CAPD腹膜炎の検査って | トップページ | 横筋に逸れますが・・春は出会いと別れの繰り返し »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CAPD腹膜炎の検査って | トップページ | 横筋に逸れますが・・春は出会いと別れの繰り返し »