« やっぱりグラム染色は抗菌薬の適正使用に欠かせない その1 | トップページ | 朗報です? 学会で聞けなかったあなたへ 常在菌と起炎菌との鑑別 »

2012年1月16日 (月)

リアル道場

グラム染色の結果をカルテ上に残す時はどうしても文字主体の報告になってしまい味気ないですよね。

私は普段から報告書以外にも、経過記録の欄にグラム染色結果を記載しております(当院は未だ紙カルテなのでボールペンによる書き込みになります)。

また、細菌検査の結果にはグラム陽性球菌が○+とか、単純な報告しか書けませんし、推定菌の報告も20KBとの勝負で、言葉も考えないといけませんでした。20KBってtwitterの150文字どころの問題ではありません。

そんな味気無いグラム染色の報告をどうにかしたいと思い報告するシステムを構築しました。

その名は、ズバリ『リアル道場』って勝手に書きましたが。

有用かどうか判りませんけど、既に何人かの人から見ていると伺っています。ちょっぴり嬉しい。全ての症例は難しいですが、コンサル頂いた症例、血液培養陽性例、推定起炎菌はこれで決まりというものを中心に掲載しています。

これで少し悩み解決です。本当にグラム染色の読みは難しいですが、これで解説することにより少しましになればと思います。

余談ですが、今週は臨床微生物学会です。http://www.congre.co.jp/jscm2012/

少し難しい命題を頂きましたが、上手く話せると思います。ちょっと乱暴かもしれませんが当日宜しくお願いします。

では、学会場でお会いしましょう。

Photo

|

« やっぱりグラム染色は抗菌薬の適正使用に欠かせない その1 | トップページ | 朗報です? 学会で聞けなかったあなたへ 常在菌と起炎菌との鑑別 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コレ、いいすね!
師範の行動力や医療への献身に頭が上げられません。
全国的に広まればいいのに…

投稿: コソ染め太郎 | 2012年1月18日 (水) 09時26分

標準機能で皆さん作ればいいと思いますが。でもそんなに高く無いと思います。グラム染色なんて今誰でもするようになったので画像の共有はした方がディスカッションし易いと思います。システム更新する時に相談して見てはどうですか

投稿: 師範手前 | 2012年1月19日 (木) 07時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱりグラム染色は抗菌薬の適正使用に欠かせない その1 | トップページ | 朗報です? 学会で聞けなかったあなたへ 常在菌と起炎菌との鑑別 »