« リアル道場 | トップページ | 第27回日本環境感染学会総会にて »

2012年1月24日 (火)

朗報です? 学会で聞けなかったあなたへ 常在菌と起炎菌との鑑別

第23回日本臨床微生物学会総会が終了しました。

参加された皆様お疲れ様でした。また、参加出来なかった方々残念です。

さて、当日は勤務の都合上、家庭の都合上、京浜東北線が止まっていた都合などシンポジウムで聞けなかった方たちのために当日のスライドをこっそりお見せしたいと思います。

サービス精神満点ですが、特別ですよ。下記のURLからダウンロード可能としました。少し当日お見せしていないものもあります。

http://firestorage.jp/download/d7525ee4bd44a7e9867e94e733a7a989d4ced974

ただし、ダウンロードした方々には条件を与えます。

1)グラム染色の技術を向上させる努力を惜しまないこと

2)営利目的に活用することは避けること(小規模の勉強会には活用しても構わないと思います)

-------------------------------------

当日は、常在菌と起炎菌との区別をグラム染色を通して出来るのか?について考えました。

1)上皮に付着していたり、あちこちに集塊状になっている菌は常在菌と思われるため判る。極力菌にカウントしない方が良い。

2)誤嚥性肺炎は外観上膿性でありながら、グラム染色上で扁平上皮が多く、また核の不明瞭な白血球に加えて、多菌種の貪食が確認される。

3)貪食像=起炎菌という判断は短絡的であり、MRSAの場合は貪食を指標にすると感染者が以上に増えるため抗菌薬適正使用から逸脱する場合がある。しかし、誤嚥性肺炎では貪食像は起炎菌の指標の一つになるうる場合がある。ただし、minor criteriaである。

4)誤嚥性肺炎像を見た場合は喀痰の場合は誤嚥性肺炎の可能性が高いが、吸引痰の場合はそうとは言えない。

5)そもそも、グラム染色をしない肺炎の診療は、レントゲンを撮影せずに肺炎の診断をするのと同じだと思う。

6)うちでは、所見を詳しく紹介するために画像紹介を追加した。

などなど、ブログでは語れません。

臨床医とコンタクトを取る、自分で喀痰グラム染色との比較をする、翌日培養結果との照合(上書きはしない)をして次回の診療に繋げる。などこれからの日本の医療を考えたうえではグラム染色を基本にした肺炎治療は必要不可欠と思います。

下記はスライドの一枚目です。pureな肺炎球菌性肺炎を知らないとモグリですが、誤嚥像や誤嚥性肺炎に伴う肺炎球菌を確認出来るようになれば本当に診療は楽になるでしょうという下りです。

Photo 

|

« リアル道場 | トップページ | 第27回日本環境感染学会総会にて »

その他」カテゴリの記事

コメント

いよっ!太っ腹っ!
私,リアルタイムで先生の発表聞いてましたよ.
さすがにすごい参加人数で,すごい巨大会場でしたが,緊張されました?
すぐにCLSIの会場に戻ったので,質疑応答などは聞けませんでしたが,晴れ姿,なかなか良かったです.

投稿: ID conference管理人 | 2012年1月25日 (水) 00時33分

IDカンファレンス管理人さま

また感想聞かせて下さい。

太っ腹です。最近帰りが遅く、晩飯食べて寝ることを繰り返ししているので。緊張は少ししましたが、最初の方は席に座れず、後ろに立っていました。皆さんに気付かれず、シメシメと思いました。

会場ですが、昨年は国立大ホール(定員8000人)でしたので緊張しました。聴衆は2000人少しだったのですが、閑散としておりました。笑

投稿: 師範手前 | 2012年1月25日 (水) 18時36分

ご無沙汰しておりました。

シンポジウム聞かせていただきました。勉強になりました。
お話にあったように誤嚥性肺炎のグラム染色にはいつも悩まされております。まとめにあった
喀痰グラム染色所見は、採取される材料の質により結果が左右される。・白血球の有無、貪食の有無は常在菌と起炎菌の判断材料に用いることが可能である。・貪食像がある場合でも全てで起炎菌かどうかは決定出来ない。・染色像は患者背景と照合することで真の鏡検所見に近づく。
を頭にいれて今後も検査にあたりたいと思います。
また、今回は前回にもまして質量分析についてのセッションがあり、いくつか聞いてきましたが、個人的にはグラム染色の有用性を逆に実感した気がしています。

ファイルさっそくダウンロードさせていただきました。
ありがとうございます。

ご挨拶もできず申し訳ありませんでした。

投稿: 指導員手前 | 2012年1月25日 (水) 18時49分

指導員手前さま、お疲れさまでした。
個人的に尿において質量分析とグラム染色で勝負しましたら、我がグラム染色が完全勝利でございました。まだまたグラム染色は発展すること間違いなしです。

投稿: 師範手前 | 2012年1月25日 (水) 18時58分

あけましておめでとうございます。
今年も色々ご教授お願いします。
微生物学会のスライドをopenにしてくれてありがとうございます。行けなかった会員などはかなり嬉しいと思います。
ブログの問題にも答えられるように勉強します。

投稿: 沖縄から金城です | 2012年1月26日 (木) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リアル道場 | トップページ | 第27回日本環境感染学会総会にて »