« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月25日 (日)

本日はグラム染色道場オフ会でした

ブログが更新出来てなくてすいません。
グラム染色ネタと言えばそうですが、今日はID-CONFERENCEのゲストライターのK先生企画のオフ会でした。メンバーは私とID-CONFERENCE管理人、ゲストライターK先生、コソ染め太郎先生、コソ染め子先生に5人で日本の今後のグラム染色の行方を左右するかもしれないというディスカッションをしました。

大変皆さんグラム染色について熱いネタ。例えばグラム染色のパールは?とかグラム染色と自分などについて話が盛り上がりました。

コソ染め太郎先生には『師範なんで髭の生えたヨレヨレのお爺ちゃん』と初め想像されていた話も伺いました。実はこれはよく言われる事なんです。勝手に師範手前と名乗って気分を害している方々は多いと思います。

しかし、熱いネタ満載で詳細はID-CONFERENCEで紹介される事でしょう。

私は緑膿菌に思い入れがあり、フィブロブラスト化と言う現象にパールを覚えました。と回答しましたが合ってるのかな?と思います。でも真意だとじわじわ感じております。

皆様お疲れ様でした。

グラム染色は皆様にとって、人生を左右する程のものでしょうか?どういう思い入れがあり、どういうパールがあるでしょうか?

少し考えて見るのも振り返り良いのかも知れません。もっと身近に有意義なグラム染色でありたいと思っておりますので引き続き応援お願いします。

ID-CONFERENCE
http://idconference.cocolog-nifty.com/idconference/


コソ染め太郎の日記(あんずの呼吸)

http://blog.goo.ne.jp/23c2230/e/edb73d372836023e137e1efda25f199c


| | コメント (3)

2011年9月 5日 (月)

顕微鏡の話

グラム染色をする場合に欠かせないのは染色液ですが、肝心の顕微鏡が無ければどうしようもありません。

 

顕微鏡はどこの病院にも必ず1台はあると思いますし、検体管理加算の算定のため顕微鏡を設置している施設も多いと思います。

 

グラム染色を視る用して、顕微鏡の選定ってあまり気にしないと思いますが顕微鏡って最近は色々あります。

 

当院はオリンパス社とカールツアイス社の2台を保有しております。オリンパス社は細菌検査用で、カールツアイス社は結核検査用です。

 

細菌検査は供覧をするために、鏡筒が2つ付いています。デジカメでは表現出来ない染色像の解説に役立っています。顕微鏡自体は少し高価なものを導入しています。理由は解像度が違うということ。また、最近はエコモードも搭載しており一定時間覗かないと人感センサーが作動し、勝手に省電力モードへ移行するようになっています。

http://www.olympus.co.jp/jp/corc/csr/environment/products/eco-products/eprecognition_101.cfm

20110722_23_46_10

 

結核菌検査は蛍光染色をしているので蛍光装置付きとデジタルカメラ付きになっており、モニターにて供覧可能になっています。この顕微鏡の特徴はタッチパネル操作盤の自動焦点装置で、対物レンズ一つ一つが電動式になっており、顕微鏡操作が苦手な方向きに焦点近くに持っていってくれるようになっています。

 

顕微鏡も非常に便利になってきましたね。

Dsc_0163

ついでに今後の予定

・9/16 第15回静岡県感染症対策研究会

 19:00- ホテルセンチュリー静岡 5階センチュリー 

 『臨床微生物検査の表と裏』

・9/17 広島県臨床検査技師会 感染制御部門研修会 

 14:30- 広島鉄道病院

 『所詮グラム染色 されどグラム染色』

http://www.hiroringi.or.jp/stadies/info_20110917.html

・10/1 感染管理看護師

 『耐性菌の検査』

・10/2 医療薬学学会

 14:30- 神戸国際会議場 シンポジウム32

 『微生物検査のインタラクティブ コミュニケーションズ』

http://21jsphcs.jtbcom.co.jp/program.html#e

・10/8-9 ICMT研修会・地区研修会 

 神戸大学医学部

 MALDI-TOFの実習あります。

http://www.jscm.org/m-info/71.html

・10/22 SCANIC学術研究会 

 梅田スカイビル

 詳しくはシーメンスのMRさんに聞いてください。

・10/23 宮城県臨床検査技師会

 場所:詳細は技師会HPを確認下さい。

 http://www.miyagi-ringi.or.jp/

 12:30-14:00

 エキスパートが教える『グラム染色の見方』

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »