« グラム染色に用いる標本の厚さ | トップページ | 難問(かも知れない?)を出します »

2011年4月29日 (金)

話題?の溶連菌

一部、ブログやSNSで話題となっている溶連菌の話題です。

http://idconference.cocolog-nifty.com/idconference/2011/04/post-2fb1.html

http://idconference.cocolog-nifty.com/idconference/2011/04/post-c95a.html

溶連菌と言ってもストレプトリジンを出すような、Streptococcus pyogenesとStreptococcus dysgalactiaeの2つに限定されると言ってもおかしくありません。

皮膚軟部組織疾患で入院される事例で、皮膚の擦過や膿瘍が検査室に出てくることがあります。グラム陽性球菌感染症の場合、通常多いのがブドウ球菌で、一部重症化するのが溶連菌です。

この2つを鑑別可能か?という命題に対して、皆さんはどう考えていますでしょうか?

ちなみに私は何となく分かりますので、そのままグラム染色と一緒に推定菌として報告させて貰っています。たまに「電話頂戴!」という事例もあります。重宝されていますね。

溶連菌は全て連鎖したりする訳ではありません。状況により異なりますが非常に小さくて黄色ブドウ球菌よりは染色性が劣るのが特徴です。毒素の関与と考えています。

Gas 膿からの溶連菌(S. pyogense)

Mrsa60032 膿からの黄色ブドウ球菌(MRSA)

1_2 膿からの溶連菌と黄色ブドウ球菌の混合感染(これは上級です:赤色が溶連菌)

|

« グラム染色に用いる標本の厚さ | トップページ | 難問(かも知れない?)を出します »

グラム陽性菌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グラム染色に用いる標本の厚さ | トップページ | 難問(かも知れない?)を出します »