« 第8回神戸グラム染色カンファレンス | トップページ | 第8回神戸グラム染色カンファレンス その2 »

2010年10月28日 (木)

形状でわかるもの

  先日、抗菌薬で形態変化するものについて記載しました。

http://gram-stain-id.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-6b4e.html

菌に抗菌薬など化学的な影響がある場合は、普通の形状と違う形態を取り、本来の推定起炎菌が判らなくなります。

しかし、本来感染症検査をする場合で検体を採取する条件は抗菌薬投与前であるのが言うまでも無い原則論であります。

そういった場合は菌の形状に特徴があれば推定起炎菌が判明し易い。

形状で鑑別出来る細菌の多くはグラム陰性桿菌で、見る機会が多い腸内細菌は染色性が良く小型の細菌は少ないし解りやすい。特徴のある菌は、インフルエンザ菌のような小桿菌に、嫌気性菌のような薄っぺらい細々した菌も解りやすいです。

また、キャンピロバクターのような螺旋菌に、スピロヘータのような、明らかに菌の形が違うのもあります。更に、菌の周囲に菌体とは明らかに違う像が確認出来るバイオフィルム産生菌に莢膜産生菌もあります。

Fusobacteriumは嫌気性菌の中でも像に特徴がある細菌で、F. nucleatumは両端が細く紡垂型に見えるため、検査材料によっては鑑別可能な細菌です。

下記にグラム陰性で直ぐに鑑別可能な細菌を並べてみました。

ご覧あれ。

Photo 膿瘍のFusobacterium nucleatum(大型は肺炎桿菌)

Photo 便のキャンピロバクター

33_4 喀痰の緑膿菌

|

« 第8回神戸グラム染色カンファレンス | トップページ | 第8回神戸グラム染色カンファレンス その2 »

背景など病態把握」カテゴリの記事

コメント

師範手前さま

写真の様にある程度、特徴とされているような典型的なものは推測はできるのですが、ちょっとそれから外れるとけっこう悩むことがあります。
そういうときは、グラム染色以外に材料や患者背景などからなるべく総合的に推測しようとは思っていますがまだまだです。

ところで、Helicobacter属といったらラセン状グラム陰性桿菌とだれもが思っていると思いますが、とある学会で興味ある症例が発表されていました。血培のグラム染色はなんと紡錘状GNRでした。Helicobacter bilisだったそうですが、まだ分離数も少なくはっきりした事は分っていないようです。陽転時間が7日前後の場合は、ラセン状でなくてもHelicoも少しは頭に置いておいた方がよさそうです。

投稿: 指導員手前 | 2010年10月29日 (金) 15時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第8回神戸グラム染色カンファレンス | トップページ | 第8回神戸グラム染色カンファレンス その2 »