« 研修会終わり | トップページ | 日直業務なり »

2010年7月29日 (木)

芽が出て膨らんで

芽が出て膨らんで見える菌があります。

分類学的には有芽胞菌という菌種になり、グラム陽性桿菌の中にあります。

代表的なものですが、好気性菌ではBacillus属、嫌気性菌ではClostridiumがメジャーです。

グラム染色で良く見かけるのは、Clostridiumだと思います。

Clostridiumは芽胞がある位置、形である程度菌種が鑑別出来ます。それは培養した集落から染色した場合も同様です。芽胞の位置は先端か、それに近いところや複数かなど。芽胞の形は卵形なのか球形なのかが鑑別性状として確認したい事項です。

最も臨床で分離されるClostridium perfringensは芽胞を形成することになっていますが、普段芽胞はあまり見えないことが多く、教科書的に観察すると少し混乱するかもしれません。

芽胞のそもそもの役目は、自分が生育する時に外部環境が悪くなる(有酸素下など)と形成しやすくなります。芽胞形成をすると卵のように一時期休眠状態になり、環境が良くなると菌体形成へ戻すことが知られています。一般に芽胞の有無は抗菌薬選択に影響することは少ないですが、Clostridium difficileの場合に使用するVCMは休眠期の菌に対しては効果が弱いという報告もあります。抗菌薬を使用が長期間になると環境が悪くなり、休眠状態になり、細胞壁合成も緩慢になるためだと言われています。しかし、芽胞で、CLDMに一部耐性化が報告されている菌種、毒素産生のため抗毒素療法が必要な菌種など推定出来ることもあります。

院内感染対策では消毒薬の選択と大きく関係があり、一般の消毒薬が無効なことがありますので、良く考えないと撒き散らすということになりかねません。

最後に、注意する菌としては破傷風菌やボツリヌス菌などあります。形状は覚えておいて損はしないと思います。

写真はClostridium sporgensの培養菌のグラム染色です。芽胞がキレイです。

Photo ×1000

|

« 研修会終わり | トップページ | 日直業務なり »

グラム陽性菌」カテゴリの記事

コメント

師範手前さま

ご無沙汰してしまいました・・・
きれいな写真ありがとうございます。
 以前にもありましたように、芽胞が端在性で菌体より膨隆しているClostridiumは、けっこういますが、この菌もやはりC.cadaveris、C.ramosumと同じようにABPC80-100%、CLDM80%程度の感受性なのでしょうか。
Clostridiumはメジャーなもの以外もかなりあるので、難しいです。メジャーなもの以外はすべて同定までしていないというのが現状です。
 以前、乳児ボツリヌス症疑いでC.butyricumを分離した事があり、このときは衛生研に同定と毒素検査を依頼したことがありますが、通常はここまでしていません。
皆さんは、どこまで同定しているのでしょうか・・・
アドバイスお願い致します。

投稿: 指導員手前 | 2010年7月29日 (木) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 研修会終わり | トップページ | 日直業務なり »