« 120%の力を | トップページ | 結局・・・こんなん(困難?)出ましたけど »

2010年6月28日 (月)

経験は力なり?

経験することって大切に思うことは多いですよね。

こんな例もあります。

悪性腫瘍の外来化学療法中に発熱があったために入院しました。入院時に血液培養が採取され、翌日陽性になりました。好気用、嫌気用の2つとも陽性です。

下のようなグラム染色像が得られました。

直ぐにピンときまして報告を。

経験って大事ですよね。

Photo ×1000

|

« 120%の力を | トップページ | 結局・・・こんなん(困難?)出ましたけど »

グラム陽性菌」カテゴリの記事

コメント

師範手前さま

写真ですが、長めの連鎖が認められ、菌体周囲が薄赤に染まっているので溶連菌(A群orG群)と思われます。
こういう場合は、ラテックスを用いて群鑑別をして、劇症型の場合もあり得るので、すぐDrに連絡しています。
少ない経験からの推測ですが、いかがでしょうか・・・。
よろしくお願い致します。


投稿: 指導員手前 | 2010年6月28日 (月) 10時21分

師範手前さま
久しぶりにコメントさせていただきます。
菌の大きさ、染色性から、B群G群のようにも観えますが、
やはり、いびつですが、菌体周囲にピンク色の莢膜様物質が
見られるのと、菌それぞれの連鎖が2個づつ、へこへこと直線状でないことから肺炎球菌を疑います。

投稿: 倉敷太郎 | 2010年6月28日 (月) 14時25分

 連鎖球菌も肺炎球菌も好気性ボトルには生えるのは判りますが、嫌気性ボトルにも生えることはあるのでしょうか?でも、嫌気性菌に当たる細菌は、このグラム染色でよく判りません。
 以前なら、気道感染症なので、何群かわからないけれど、連鎖も長いし溶連菌の一種、と思うところです。
 このサイトで、周囲がやや赤みがかったものはA群連鎖球菌を疑うように、書かれていたように記憶しています。(間違えていたらごめんなさい。)でも、それは細菌菌体自体の辺縁が赤っぽかったら、という表現だったような記憶が・・・
 このグラム染色をみて、菌体自体は強いグラム陽性に染まっており、周囲の莢膜と言っていいのか、なんだか判りませんが、菌体の外側が赤っぽく染まっているので、 GASではなく、先日と同じような莢膜が赤く染まるタイプの肺炎球菌?でもよくわからないなあ、と思ってみていました。
 でも、嫌気性ボトルにも生えた、と言うのが気になります。“Streptococcus milleri”グループなら両方に生える、そんなことがあるのかな?血液培養ボトルなら長い連鎖になる? 
 結局、判断に全く自身がありません。

投稿: 三省 | 2010年6月29日 (火) 12時23分

こういうのは非常に皆さん興味あるようですね。
確かに、この像に関して部屋内でもディスカッションしました。

菌体:大きく、レンサが長い。
背景など:菌体の周囲の大きな紅い物質。⇒莢膜に見える(http://gram-stain-id.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/120-7436.html)は類似しています。
血液培養:嫌気しか陽性でない。連鎖球菌は元々通性嫌気性菌なのでどちらでも発育する。一概に嫌気性菌とは言えないし、分離率が低い。

毒素産生性溶連菌はもう少し小さいし、肺炎球菌と推定します。

部屋内では、どうしても心配ならランスフィールドの型別をしたらと言いましたが、既に陰性とは予測しながら見事に陰性。

長いレンサが非特異ですが喀痰なら肺炎球菌といえるんですが。120%の力をと比べてください。

投稿: 師範手前 | 2010年6月29日 (火) 23時20分

師範手前さま

まだまだ経験と勉強が足りないようです。
先生のおっしゃるとおり喀痰だったら肺炎球菌?と推測したと思いますが・・・、ちょっと大きすぎるし、細菌周囲の染まりも溶連菌にしては強すぎるのですね。みなさんすごいですね。
勉強になりました。
これからもめげずに勉強のためと思って書き込みさせていただきます。

投稿: 指導員手前 | 2010年6月30日 (水) 08時15分

こんばんは^^何時も勉強させて頂いております。

この肺炎球菌はムコイド型?
何度か血液培養にて好気・嫌気ともに連鎖球菌で血液寒天培地に発育してくれなくて困った経験があります。自己融解の影響ですかね?肺炎球菌・・・難しいです。

投稿: 大和 | 2010年7月 1日 (木) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 120%の力を | トップページ | 結局・・・こんなん(困難?)出ましたけど »