« CLSI M100-S20 Document | トップページ | 食物残渣 »

2010年1月10日 (日)

新型インフルエンザの報告

新型インフルエンザも10月初旬から続いた第1波のピークも去り、漸く落ち着きを取り戻していると思います。一息せずに出来ていない感染対策を今改善しなければ、第2波を乗り越えることが出来ないかも知れません。

既に前駆波と呼ばれ出している神戸の情報について漸く公開されました。読み返すと発生時に受けた電話内容や発熱外来をしていた頃を思い出します。

全体編と学校編に分割されています。潜伏期間、感染力などの詳細な情報がまとめられています。

興味のある方はご覧下さい。今のところ問題は休日夜間の診療体制でしょう。特に小児科診療は医師数も不足しているため非常に大きな問題となるでしょう。当院の医師もかなり頑張っています。後方支援を続けたいと思います。

追加ですが、家族は大切にしましょうね

神戸市・兵庫県新型インフルエンザ集団発生疫学調査報告(全体編)http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/pdf09/KobeHyogo1.pdf

神戸市・兵庫県新型インフルエンザ集団発生疫学調査報告書(高校編)http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/pdf09/KobeHyogo2.pdf

写真はインフルエンザ繋がりですが、インフルエンザ菌です。

緑膿菌と混合しています、違いが分かるでしょうか?臨床微生物学会でも同時に見える症例の解説を担当してます。時間の都合が付けば足を運んでください。

Photo_2 ×1000

|

« CLSI M100-S20 Document | トップページ | 食物残渣 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CLSI M100-S20 Document | トップページ | 食物残渣 »