« 食物残渣 | トップページ | 尿路感染症診断のためのグラム染色① »

2010年1月15日 (金)

一所懸命見るところ?

グラム染色を始めると起こる現象。

 ①グラム陽性菌ばかり目立ってグラム陰性菌を見落とす。

 ②連鎖状球菌や双球菌がすべて肺炎球菌に見える。

 ③慣れで染色が雑になり、しっかり染まらない。

などなど。皆さん反省材料は出来たでしょうか?

さて、下記のような像が喀痰で確認された場合どうしますか?

問題は口腔内常在菌の推定です。常在菌の多くは集塊を作ります。また上皮に多く付着したりします。こういうのは眺める程度で、原因菌かどうかの判断は2の次で良いと思います。いくら菌の推定をしても原因菌の可能性は低いと判断出来ます。

ここに時間を割くのであれば、他のアクションをすることが必要でしょう。

Photo ×600(塊)

Photo_3 ×600(上皮に付着)

|

« 食物残渣 | トップページ | 尿路感染症診断のためのグラム染色① »

背景など病態把握」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食物残渣 | トップページ | 尿路感染症診断のためのグラム染色① »