« 血液培養陽性時の報告 | トップページ | 長野にて »

2009年12月11日 (金)

Providenciaの尿路感染症

先日、こんな菌が出ました。

Providencia stuartii 報告しても何?の世界でしょう。細菌検査室でもあまり確認しない菌の一つです。

この菌は簡単に言うと、ProteusやMorganellaと類縁菌になります。Proteusなら良く知っていると思います。

この菌は染色体性のAmpCβ-ラクタマーゼを産生し、ABPCや、第一、第二世代のセフェムに耐性を示します。最近はESBLとして検出されている菌もちらほらの院内感染を起こす起炎菌です。

Journal of the American Geriatrics Society,50,7,230 - 235

http://www.yoshida-pharm.com/information/dispatch/letter_36.pdf

詳しくは上記の文献を参考にして下さい。

グラム染色で確認しましたが、鑑別が難しいですよね。

Photo ×600

|

« 血液培養陽性時の報告 | トップページ | 長野にて »

グラム陰性菌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 血液培養陽性時の報告 | トップページ | 長野にて »