« 静岡県東部感染・治療・・制御研究会終わり | トップページ | 大阪での質問② »

2009年10月12日 (月)

大阪での質問①

受けた質問に対する回答を公開します。

1:B群溶連菌と腸球菌の区別はどうするの?

少し前の解説にも記載しましたが、腸球菌でE. faecalisの場合は長細く、どちらかというと肺炎球菌との鑑別が難しい。B群溶連菌はE. faeciumとそっくりです。

尿路や消化器にフォーカスがあると腸球菌の可能性が高く、軟部組織疾患、肺炎、生殖器感染症などあればB群溶連菌の可能性が高くなります。

それに加え、染色像の比較です。

下記に示します。比べてください。

Gbsuti6001 B群溶連菌

600_2 E. faecalis

600_3 E. faecium

|

« 静岡県東部感染・治療・・制御研究会終わり | トップページ | 大阪での質問② »

グラム陽性菌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静岡県東部感染・治療・・制御研究会終わり | トップページ | 大阪での質問② »