« やっぱりありました   入れ歯 | トップページ | 大阪での質問① »

2009年10月10日 (土)

静岡県東部感染・治療・・制御研究会終わり

本日は『ここでしか聞けない新型インフルエンザ対策の実際』と言うことで話しをしました。
時間伸び伸びですいません。
言いたかったのは、自院で再度季節性インフルエンザの対策を考える事、行政と一体となり地域の対策を練り直す事です。
今回は神戸だったんですが、次はどこでどうなるのかわかりません。例えて言うと、皆が転ばぬ先の杖を自分の体格に応じて加工するかになります。エビデンスの浅いこの感染症に対し少ない経験則で臨まないといけないのは変わりありません。
本日お世話になりました、大曲先生を含めありがとうございました。

|

« やっぱりありました   入れ歯 | トップページ | 大阪での質問① »

その他」カテゴリの記事

コメント

昨日はまことにありがとうございました。道場主先生でなければ語れない内容でした! 非常に勉強になりました。

語り出すといろいろあるのですが、様々な立場の方々が良好なコミュニケーションをとりつつ、適切な役割分担を行うこと、行政との協働のありかたなど、第一線で取り組まれている先生だから語れる内容であり、当地の方々にもどう動くべきかを考える上で非常に示唆的な内容であったと考えています。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿: 大曲貴夫 | 2009年10月11日 (日) 20時37分

大曲先生、静岡ではお世話になりました。まとめてかなり話ししたのでタイトになりました。
リスコミに大切なのは日頃から体制を整えて中心的存在の部署なり人物なりの指示を受けて進む事が必要のように思います。加えて必要なのは色々な勉強会を通して知り合いを増やしリスコミとしての情報共有をする事のように思います。9.11のバイオテロ対策とは違うのは明らかにネットを使用した情報取得の速さです。少し手を抜くと市民の方が良く知っていると言う事になり不安を煽る形になりかねません。大曲先生の居られる静岡は勉強会も盛んでリスコミも取りやすいと感じます。今後とも宜しくお願いします。

投稿: 師範手前 | 2009年10月12日 (月) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱりありました   入れ歯 | トップページ | 大阪での質問① »