« 先日の講演会 その3 | トップページ | 静岡県東部感染・治療・・制御研究会終わり »

2009年10月 9日 (金)

やっぱりありました   入れ歯

最近ですが、膿胸の患者が良く来院されます。

膿瘍をプンクしたものを急いで見て欲しいと主治医が持ってきました。臭みがあると言っていましたが、臭みはそれほど無く、膿瘍は黄色い。

この場合、検体中に白血球が多く粘性も強いため少量を採取して薄く塗るのがコツになります。

薄く塗り、グラム染色を実施したところ下記のようでした。グラム陽性球菌でレンサ状球菌。レンサは長いものが多く、また球菌は丸く不定。検体の臭いはしませんが、嫌気性菌の可能性がぷんぷん匂います。恐らくミレリ菌でしょう。

遅れて喀痰が採取されていました。喀痰も同様の菌を探しましたが少ない。中々、胸水と同じ菌と確証を得るスメアが確認出来ないまま報告になりました。

報告時に、入れ歯は?と聞くと総入れ歯だそうです。1ヶ月前より微熱が続き、誤嚥性肺炎の疑いで経口セフェムを服用していたようです。喀痰中に菌が少ないのはその理由でしょう。

ミレリ菌の場合は、通常喀痰より検出しない菌になりますので、菌を釣る場合には要注意でしょう。

Photo_3 ×1000(胸水)

2_2×1000(喀痰)

|

« 先日の講演会 その3 | トップページ | 静岡県東部感染・治療・・制御研究会終わり »

グラム陽性菌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先日の講演会 その3 | トップページ | 静岡県東部感染・治療・・制御研究会終わり »