« Edwardsiella tarda(エドワードシエラ・タルダ) | トップページ | 細菌性結膜炎時のグラム染色 »

2009年8月13日 (木)

同じと言えるのか?

前回掲載したE. tardaの件ですが、治療は奏功していました。翌週に発熱が再度起こり血液培養採取したところ陽性になり下記のスメアが見えました。

同じと言えるでしょうか?ちなみに1週間CMZ 1g 1日3回投与していました。

言えそうで言えません。言ったのが、何か膿瘍形成などの障害があるか?菌交代か?

障害が無いので菌交代の可能性が高いと言いましたが、患者は発熱のみで血圧低下を認めません。カルバペネムへ走りますか?

Photo_5 ×1000

|

« Edwardsiella tarda(エドワードシエラ・タルダ) | トップページ | 細菌性結膜炎時のグラム染色 »

グラム陰性菌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Edwardsiella tarda(エドワードシエラ・タルダ) | トップページ | 細菌性結膜炎時のグラム染色 »