« 年中問題です | トップページ | 骨盤内膿瘍です »

2009年7月29日 (水)

肺炎桿菌で抜けた莢膜見つけました

先日

http://gram-stain-id.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-72d9.html

http://gram-stain-id.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-7ae4.html

で肺炎桿菌を見せました。

これは抜けた莢膜を確認出来た例です。肺炎球菌と違い結構レアものです。

患者は他院でRAとDMで入院していたが、イレウスがあり転院してきました。入院してみれば痰が多く、肺炎も合併しているようです。胸部レントゲンではブラの周囲に区域性のあるenhanceな像。院内肺炎である。スメアを急いで見るとこういったスメアです。

くっきり抜けて見える肺炎桿菌像。きれいです。でもよく見りゃ、周囲にはボロボロとなった肺炎桿菌が散在するではないですか。前医で何やら経口抗菌薬が入っているようです。培養で満足の良く菌が検出されるでしょうか、心配です。

主治医曰く、情報が少なくて難しいですね。内科にフォローをお願いする前にICTへ相談しましたと。頼られていますがプレッシャーも感じます。でもグラム染色という武器で当日は戦うしかありません。緑膿菌が否定されるまでは抗緑膿菌作用の抗菌薬もフォローで開始。

100_2 ×100

Photo ×1000

Photo_2 ×1000(壊れかけ)

Photo_3 ×1000(バルジ化も見えます)

|

« 年中問題です | トップページ | 骨盤内膿瘍です »

グラム陰性菌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年中問題です | トップページ | 骨盤内膿瘍です »