« 褥創の感染 | トップページ | 緑膿菌のムコイド像 »

2009年6月17日 (水)

先日掲載した肺炎球菌性膿胸の喀痰

先日掲載した肺炎球菌性膿胸http://gram-stain-id.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-4a33.htmlですが、言い忘れていたかもしれませんが、追加で行った尿からの肺炎球菌尿中抗原は陽性でした。喀痰のスメアを見たところこんなんでした。

肺炎球菌だろうと予測はつきますが、頑張っても肺炎球菌を断定するのは厳しい像です。

皆さん、そういう場合はどういう風に報告していますか?

検査室のワークシートは肺炎球菌を疑うため、釣菌注意。などと書くのでしょう。

臨床からスメアの報告を求められた場合はどうしましょう?正直に、肺炎球菌と思うんですが・・・自信ありません。培養待ちましょう。と答えることになりましょうか?

でも、1割くらいはスメアで見えても発育しない肺炎球菌。これほど臨床医に報告の難しい菌は居ないですよね。

1100 ×100

1600 ×1000

|

« 褥創の感染 | トップページ | 緑膿菌のムコイド像 »

グラム陽性菌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 褥創の感染 | トップページ | 緑膿菌のムコイド像 »