« 会陰部に膿瘍が | トップページ | 褥創の感染 »

2009年6月12日 (金)

真菌の同定

先週の名古屋での講演の中で、真菌の種類がどれ程出来るのか?という質問を貰っていました。時間の都合もあり最後まで説明出来ませんでした。

こんなスメアではどうなのか?骨折手術後の長期バルン留置患者の尿から出ました。

真菌のスメアを見る場合にはどう考えるのか?ですが

 ①菌糸の延伸があるか?

 ②菌単体の形状はどうか?(丸いか楕円か、長細いか・・など)

 ③大きさと染色性(糸状菌の場合は難染色性のことが多い)

仮性菌糸みたいなものが見えるが少し違う。菌の単体は少し長めの菌。カンジダ?と考えるにはいつもと違うと行き着くところです。これは、トリコスポロンのスメアです。カンジダと少し違いますよね。

カンジダ・アルビカンス=http://gram-stain-id.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_5d9f.html

カンジダ・パラプシローシス=http://gram-stain-id.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_985d.html

クリプトコッカス=http://gram-stain-id.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_4bd3.html

トリコスポロン=http://gram-stain-id.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_e2bd.html

|

« 会陰部に膿瘍が | トップページ | 褥創の感染 »

グラム陽性菌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会陰部に膿瘍が | トップページ | 褥創の感染 »