« 発熱外来をしていると | トップページ | もうこれは迷わない »

2009年6月 1日 (月)

この時こそ肝心な検査(グラム染色)

インフルエンザの罹患後に肺炎を起こすケースを散見します。問題になるのが市中MRSA。

サンフォードガイドにも掲載されています(2009年度日本語版は64ページ)

喀痰グラム染色は大切としっかり書かれています。おかしいな?と思えばグラム染色をしてこのような像を確認しましょう。ただし、これだけではMRSAがどうかわかりませんので、培養を見てde-escalationが必要です。

元文献はhttp://www.cdc.gov/ncidod/EID/vol12no06/pdfs/05-1141.pdf

600_2 ×1000

|

« 発熱外来をしていると | トップページ | もうこれは迷わない »

グラム陽性菌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 発熱外来をしていると | トップページ | もうこれは迷わない »