« ブログ再開です | トップページ | 腹水穿刺 »

2009年5月24日 (日)

症例定義がまたまた変更しました

よく変わる症例定義。

今回は国内外を問わず流行地に行った者が入ります。はっきりと神戸・大阪と言ったら良いのではないかと思いますが、色々あるんでしょうね。でも、東京で集団発生した場合も、このような定義が適用されるのでしょうか?神戸・大阪とも地方都市との考えより、こうなっている感じがします。随時更新されますので、まめに見ないと『え?知らんの?』と言われますよ。

また、学校などの復学の基準もどんどん定められいます。問題はビジネスマンです。PCRの結果が無いと仕事に出れないとのことも聞きますが。症状の無い人に検査しても資源の無駄のような気がしますが。実際どうなんでしょうか?

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/dl/090522-03b.pdf

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/dl/090522-03a.pdf

うちの子供の学校も再開しますが、手洗い場にあるアルボースや固形石鹸で手洗いを・・・と書いていますが、固形?大丈夫かな?と思いますが、全く洗わないよりましかと思います。

|

« ブログ再開です | トップページ | 腹水穿刺 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブログ再開です | トップページ | 腹水穿刺 »