« 年度のはじまり 解説です | トップページ | 分離不可ってなあ・・・ »

2009年4月 9日 (木)

塵埃細胞

喀痰を見ていると、たまに見えます。おそらく喫煙歴があるという読みが出来ます。

塵埃細胞はグラム染色でこのように見えます。

塵埃細胞:炭粉を貪食した肺胞組織球であり、検体が喀痰であることの根拠となる。(日本病理学会のコメントより)

この場合は、グラム陰性菌感染が増えることを予想してグラム染色を見る必要も出てきます。

また、同時に好中球と組織球の大きさの違いもこの際覚えて下さい。菌が見えなくてもタダでは済まさないのがこの道場です。

Photo_3 ×1000

|

« 年度のはじまり 解説です | トップページ | 分離不可ってなあ・・・ »

背景など病態把握」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントさせていただきます。
このブログを見つけたときに、一番始めの記事から全てに目を通したのですが、初心者の私には難しすぎて・・・
基礎的なお話にワクワクしているこの頃です。

塵埃細胞、よく似たものをみたことがあります。
ゴミが入っているようだけど、なんだろうと流していました。
喫煙を推定できる貴重な所見だったんですね。

これからも勉強させてください。

投稿: ogi | 2009年4月 9日 (木) 22時42分

ogiさま
塵埃細胞ですが、私は学生時代の恩師に習いました。今になって的確な講義を受けていたのだなと反省することも多いです。
人間、初心に帰り復習は大切というのも中学、高校の時に教わったことです。出来るなら高校生に戻りたいと思う今日この頃です。世界観変わっていたでしょう。

投稿: 師範手前 | 2009年4月10日 (金) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年度のはじまり 解説です | トップページ | 分離不可ってなあ・・・ »