« グラム染色道場 | トップページ | 食注誤嚥肺炎の続き »

2009年3月25日 (水)

でんぷん顆粒

検査室で汚い喀痰を見た時には、採取されている患者さんの状態を考えていますか?

現場で染色されている方は、患者さんの状態を目の当たりにして染色をするのでそういった問題は発生しませんが、検査室では材料のみ来るので中々気持ちが行き届かないことが多いかと思います。

先日、白く濁った吸引痰が検出されました。濁った中には、痰らしき膿性のものが・・・。

誤嚥かな?と思い、グラム染色をしたものが下記のものになります。

弱拡大では、好中球が沢山見え、周囲には粘液とも思えない蛋白様物質があります。

強拡大では、白血球より大きな顆粒ものが見えます。画像でははっきりと伝えきれませんが、中央が陥没していて、でんぷん顆粒(中央右)と思われるもの。

気づいた時に、食物誤嚥・・・、しかも食注でしょうか?コメントに『食注の誤嚥疑い、でんぷん様顆粒認める。』と加え報告しました。

あとで、カルテを見に行くと老人福祉施設にて肺炎になり入院。食注の誤嚥にて、CVへ切り替えしていた例です。

老人福祉施設入所中の誤嚥肺炎?起炎菌は何を探しましょう?続きは次回・・・。

Mrsa100 ×100

Mrsa6002 ×1000

|

« グラム染色道場 | トップページ | 食注誤嚥肺炎の続き »

背景など病態把握」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グラム染色道場 | トップページ | 食注誤嚥肺炎の続き »