« 経験的治療より、まずグラム染色 | トップページ | 尿で良く見間違う菌・・・私だけ? »

2009年3月10日 (火)

尿からこれが・・・

先日行われた、神戸グラム染色カンファレンスのスライドです。

肝硬変の既往があり、高熱、両側CVA叩打痛(+)。ADLは自立しています。バルン留置も無く日常生活を営んでいました。

発熱のため血液培養実施したところ黄色ぶどう球菌(メチシリン感受性)陽性。患者は夜間入院のため尿は次の日に検査でスメア確認しました。

このスメアはどう読みます?尿路感染症と見えるでしょうか?

Ie6004 ×1000

|

« 経験的治療より、まずグラム染色 | トップページ | 尿で良く見間違う菌・・・私だけ? »

グラム陽性菌」カテゴリの記事

コメント

師範手前さま

>肝硬変の既往あり、高熱で両側CVA叩打痛、ADLは自立していて、バルン留置も無く・・・

血液培養からMSSA陽性との事ですが、上記疾患と臨床像から、通常腎盂腎炎(上行性)を疑います。
尿のスメアからも、黄色ブドウ球菌を優位に認めますが、背景の炎症細胞が少ないようにも思われます。

黄色ブドウ球菌やCandidaなど心内膜炎などで、血行性に腎臓に膿瘍を形成する、侵入経路までは考えすぎでしょうか。

投稿: 倉敷太郎 | 2009年3月10日 (火) 19時26分

こちらには初めて書き込ませていただきます。
鴨川在住の旅人です。
この尿所見では僕なら重なっているだけのGPCと読みたいです。どうしても血液培養にひっぱられますが、尿に出ているだけでは無いでしょうか。
CVAtendernessについていえば意外に腎盂腎炎に対する特異度は低い理学所見の上に両側というのがひっかっかります。

1、肝膿瘍破裂
2、やっぱりIE+いろいろ膿瘍
3、それでも腎盂腎炎±腎膿瘍さらに後腹膜膿瘍
4、実は女性でPIDだった(MSSAでも経験ありです)
5、腸腰筋膿瘍ができていた±IE

などが鑑別にあがりますでしょうか。


投稿: 鴨川人 | 2009年3月10日 (火) 23時47分

鴨川人さま

コメント内容を見ておりますと臨床医の方でしょうか?
>CVAtendernessについていえば意外に腎盂腎炎に対する特異度は低い理学所見の上に両側というのがひっかっかります。

これは実際そうで、叩けば痛いという患者は多い(単に叩くことが痛い)という場合もありますよね。でもCVAtendernessは本当に痛いようですが、後腹膜臓器の場合は同様な痛みを発しますよね。

鑑別診断ですが、そこまで調べるとは凄いですね。性別書いていませんが前立腺炎などは除外診断に必要と思いますが如何でしょうか?

倉敷太郎さま

またこの像ですが、貪食と考えますか?通常MSSAの腎盂腎炎はカテが入っていない場合は0.5%という報告をCIDで何個か見ました。一方挿入者は高く10%以上だったようです。この例は敗血症から一時的に尿に出てきた症例として考えますので、以後合併症の管理を進めたいと思いますが、如何でしょうか?

投稿: 師範手前 | 2009年3月11日 (水) 00時00分

そうですね。前立腺炎もありだと思います。抜けていました。ただMSSAだとさすがに稀ではと思いますが・・・・。

投稿: 鴨川人 | 2009年3月13日 (金) 18時12分

鴨川人さま

そうなんです。稀なんです。
でも検査室では、稀?ということでさえ理解出来ていないことが多く、グラム染色を読む時点での問題定義出来ていませんので、問題です。明日はそんな話になります。

投稿: 師範手前 | 2009年3月13日 (金) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 経験的治療より、まずグラム染色 | トップページ | 尿で良く見間違う菌・・・私だけ? »