« CAPD感染で多いのは | トップページ | 材料が悪いけどどうしましょう »

2009年2月21日 (土)

パスツール研究所の博物館

先日から掲載していますパスツール研究所の記事ですが、博物館内にはパスツールの研究成果が展示されています。恐らく誰でも見学可能と思われます。

博物館で顕微鏡を見つけました。光学式の単眼のもので日光を取り込むタイプです。研究されていたのが19世紀になりますので、電気式のものは無かったのでしょう。

パスツールは液体培養を中心に研究を進めてきました。博物館内には、彼が培養した黄色ブドウ球菌が今でも培養液に入って展示されています。隣には溶連菌もありました。

まだ生きているそうですが感慨深いものです。

Photo 顕微鏡

Photo_2 黄色ぶどう球菌

|

« CAPD感染で多いのは | トップページ | 材料が悪いけどどうしましょう »

グラム陽性菌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CAPD感染で多いのは | トップページ | 材料が悪いけどどうしましょう »