« 臨床微生物学会終了 | トップページ | 閑話休題② »

2009年2月 4日 (水)

誤嚥性肺炎のあと その2 その前に

先日の誤嚥性肺炎の例ですが、菌は何も見えません。primaryのカンジダ肺炎は少なく、βグルカンも低いので保菌と判断できます。炎症反応も強く無く、抗菌薬投与で治療経過は良いと考えれます。

各日にやってくるグラム染色も振り返ることは大切です。しばらくは、置いておきましょう。

これは治療開始日(2日前)のスメアです。2日前と比べるとどうでしょうか?今回のスメア結果と併せてコメントすると良いでしょう。

Vap100 ×100

Vap6001 ×1000

|

« 臨床微生物学会終了 | トップページ | 閑話休題② »

背景など病態把握」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 臨床微生物学会終了 | トップページ | 閑話休題② »