« グラム染色で嫌気性菌の鑑別を | トップページ | この時期 »

2009年1月23日 (金)

歯科材料のグラム染色

歯科材料検査もたまに出ます。膿瘍が出来て、グラム染色を教えてと言われますが、口腔内の膿瘍だけに肺化膿症と同じような像が見えます。

こんな像になりました。掲載します。polymicrobial patternです。

200 ×400

|

« グラム染色で嫌気性菌の鑑別を | トップページ | この時期 »

グラム陰性菌」カテゴリの記事

グラム陽性菌」カテゴリの記事

コメント

師範手前さま

やはりグラム陰性の小桿菌が多く認められているように思います
口腔内膿瘍であれば、Prevotella bivia,Prevo.oralisあたりなのでしょうか?
嫌気性菌のグラム染色は好気性菌と違って、ややベテーとした淡い感じが印象的的ですね。

投稿: 倉敷太郎 | 2009年1月28日 (水) 18時18分

倉敷太郎さま コメントありがとうございます。
そうなんです。誤嚥性肺炎と同じような像を示すのが分かり易い表現かと思います。

実は本日歯肉炎が悪化して、CLDMを注射しました。AMPC/CVAを内服中です。歯科の先生に『待ってるから・・・』と切開のお誘いを受けました。学会前なのに・・と思いながら仕事しています。

投稿: 師範手前 | 2009年1月28日 (水) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グラム染色で嫌気性菌の鑑別を | トップページ | この時期 »