« VAPを考える場合 後編 | トップページ | 照合  はずれ »

2009年1月10日 (土)

落ち着いて見れば・・・

落ち着いて見ればわかる事ってありますよね。色々考えすぎて、行き着く宛は裏目に出ることです。

こんな例もそうでした。血液培養が陽性になり、グラム染色をしたところこんなスメアになりました。膀胱がんのケモ中発熱を起こし来院されました。

カンジダは誰もが鑑別出来るかと思いますが、仮性菌糸と形成しているのでCandida albicansCandida tropicalisでしょう。コンタミ?とも考いにくいし、カテーテルも入っていません。情報はただ基礎疾患のみ。

菌糸を伸ばしているので、FLCZが第一選択になろうかと思いますので様子を見ることにしました。一応眼内炎症状がないかチェックするようにと看護師さんにポイント説明をしました。

カンジダの腎盂腎炎による敗血症って非常にレアですよね。なので確定も迷う一瞬です。

色々考えた結果・・・Candida tropicalisでした。よく見れば酵母が長細いので鑑別出来ました。迷う場合は一旦戻りましょう。(いつも自分で言っているのに・・・)

400 ×400

|

« VAPを考える場合 後編 | トップページ | 照合  はずれ »

グラム陽性菌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VAPを考える場合 後編 | トップページ | 照合  はずれ »