« 中国のグラム染色事情 | トップページ | 膿胸③ 治療経過をすべて集めた観察 »

2008年12月10日 (水)

難しい・・・

先日、眼科材料が舞い込んできました。グラム染色をすると、このようなスメアが見えました。う~んと考え、患者の年齢を見ると3歳。インフルエンザ菌と肺炎球菌であろう・・・と思いコメントを付け報告しましたが、次の日に培養を見るとただのα-レンサ球菌のみ。

思った菌が生えなかったのは

①培養条件が悪い②抗菌薬のせい?③菌が死滅した④見間違い

など、考察しました。一応臨床医に患者の情報を聞くと、細菌性の結膜炎で眼脂が多く出ていたので採取したとのこと。

この年齢ならと思い、前述の菌を記入しましたが、培養は違いました。奥が深いと思った瞬間です。よく見返せばαレンサ球菌かな?と思います。

たまにこんな間違いはあります。考察するのは大切です。

治療としては、キノロンの点眼を使用するので問題ないかと思います。ポジティブに行くことはさほど問題にならないような症例は、日常的に多いです。

Photo ×1000

|

« 中国のグラム染色事情 | トップページ | 膿胸③ 治療経過をすべて集めた観察 »

グラム陰性菌」カテゴリの記事

グラム陽性菌」カテゴリの記事

背景など病態把握」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国のグラム染色事情 | トップページ | 膿胸③ 治療経過をすべて集めた観察 »