« セラチア | トップページ | 人工呼吸器装着時に考えるスメア »

2008年11月21日 (金)

たまに発育しない菌を見かけますが

これは、他院から転院してきた患者の例です。

急性腎盂腎炎が発端になり、敗血症性ショック状態です。

血液培養を実施しましたが、陽性になり起炎菌が検出されるまで、早くて半日くらいかかります。また、抗菌薬で前投与されているような場合はその時間が延びたり、検出されない例も想定されます。

腎盂尿が採取され、スメアを見ました。下記に示します。

前投与の抗菌薬は当たっているのでしょうか?前投与の抗菌薬の種類が判らない場合もありますよね。

翌日培養では、Enterococcus faecalisのみ発育されました。

どう考えるのが良いでしょうか?

600_3 ×1000

|

« セラチア | トップページ | 人工呼吸器装着時に考えるスメア »

グラム陰性菌」カテゴリの記事

グラム陽性菌」カテゴリの記事

背景など病態把握」カテゴリの記事

コメント

>抗菌薬で前投与されているような場合はその時間が延びたり、検出されない例も想定されます

グラム染色鏡検でグラム陰性桿菌陽性、培養陰性パターンよく経験しますね。
単純に考えて、大腸菌のフィラメント化なのかな?
前医院でβ-ラクタム薬かニュ-キノロン薬か入っているのでしょうか。菌が抗菌薬の影響を受けている時、検体の培地への塗布
の終わりあたりで発育してくるものがありますね、希釈にともない
抗菌薬濃度も下がった為、発育してくるものもよく経験するところです。
Enterococcus faecalisはほとんど影響を受けていないようです、
セフェム系の抗菌薬だったのでしょうか?肺炎桿菌でないようなら、 PIPCでいかがでしょうか。

投稿: 倉敷太郎 | 2008年11月22日 (土) 12時25分

倉敷太郎さま

ありがとうございます。
>Enterococcus faecalisはほとんど影響を受けていないようです、セフェム系の抗菌薬だったのでしょうか?

このグラム染色像からはそう考えれますよね。特にグラム陰性桿菌はフィラメント化しているので、一層そう思えますよね。次の日に培養で陰性桿菌が発育しなくても、スメアで見えている限り、VCMの単独投与は難しいという立証になりますよね。

投稿: 師範手前 | 2008年11月23日 (日) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セラチア | トップページ | 人工呼吸器装着時に考えるスメア »