« じゃあ、結核菌は? | トップページ | 膿胸① 胸水 »

2008年11月 5日 (水)

同じ検査材料でも採る場所違えばスメアも変わる

先日吸引痰(嚥下性肺炎の患者)が来ました。良く見ると、スピッツの中で2層に分離しています。

上層には泡にまみれた痰のような唾液?下層にはどろっとした痰。洗浄をしようか考えましたが、上層は上手く捨てれると思い、捨てようとしました。

ふと考えたのですが、上層と下層の違いはしっかりとグラム染色で出るのか?と思い染め分けて見ました。予想通りの結果でした。

上層は扁平上皮の塊が多く見られますが、下層はバラけて見えます。つまり、喀出時(吸引時)に吸ってしまったものです。しっかりと膿の部分を採取しないとダメだと思う一瞬です。

Photo_3 上層

Photo_4 下層

|

« じゃあ、結核菌は? | トップページ | 膿胸① 胸水 »

背景など病態把握」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« じゃあ、結核菌は? | トップページ | 膿胸① 胸水 »