« バルーン尿 その2 | トップページ | 喘息? »

2008年10月20日 (月)

バルーン尿 その2 の続き・・・(解説)

先日のグラム染色ですが・・・

あれくらい情報があれば、この菌かな?って予測付きますよね。ラウンドは非常に大きな収穫が得られる場合もありますし、ファインプレイも出来る場でもあります。

あの状況では、CEZ耐性菌が出やすい環境ですので、獲得耐性の菌か自然耐性の菌かどちらかに的を当て、グラム染色像を見る必要があるでしょう。

ESBL、緑膿菌、エンテロバクター、MRSA、腸球菌・・・

グラム陽性菌か陰性菌かで大きく変わりますよね。グラム染色は非常に大切だと分かります。グラム陰性菌の場合は、緑膿菌かどうかが大切で、判別出来ればしたいところです。

培養をすると、翌日こんな現象が・・・。

グラム染色と培養を合わせると面白い結果が分かりますよね。

当院が、電子カルテなら載せたいと思います。(未だです)

2 

|

« バルーン尿 その2 | トップページ | 喘息? »

グラム陰性菌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バルーン尿 その2 | トップページ | 喘息? »