« 土曜は中部地区の微生物検査研修会です | トップページ | 第15回中部地区微生物宿泊研修会参加者へ朗報? »

2008年10月25日 (土)

近隣の施設から送られてきたものですが

70歳代の方です。無職で特になにもありません。

突然の発熱とショックで緊急入院・・・。既往はなく、昨日から尿が減ったくらいです。皮膚の異常所見もなく、風邪も引いていないとのこと。

おかしい・・・と思い、ペット飼ってませんか?と聞くと。野良猫に噛まれましたとのこと

どうでしょう?

培養はオキシダーゼとカタラーゼが陽性です。(検査していると分かりますが、培養の成績なくても予測可能ですよ)

6002 ×1000

|

« 土曜は中部地区の微生物検査研修会です | トップページ | 第15回中部地区微生物宿泊研修会参加者へ朗報? »

グラム陰性菌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。偶然にも私の施設で最近この菌がでました。(間違っていればお恥ずかしいですが・・・。)
パスツレラではないでしょうか???
ちなみに私の施設では、眼分泌物からこの菌がでました。顔を動物になめられたのでしょうか。

投稿: こたろう | 2008年10月25日 (土) 23時53分

Capnocytophagaを疑います。
培養はオキシダーゼとカタラーゼが陽性なのでCapno.canimorsus なのでしょうか。
やはり特徴的は、グラム染色性の弱い陰性の繊維状桿菌で、Fusobacterium様なところです。

Pasteurella(Multocida)も猫や犬の咬傷や引っかき傷の代表的
な菌ですがHaemophilusに近い形状や染色性になろうかと思います。

>70歳代の方です。無職で特になにもありません・・・
>突然の発熱とショックで緊急入院・・
高年齢がこの方の危険因子だったのでしょうか?

投稿: 倉敷太郎 | 2008年10月27日 (月) 17時56分

こたろうさま、倉敷太郎さま ありがとうございます

パスツレラ症は疑う菌の一つです。しかし、菌の形状から言うと否定出来る所見ではないかと思います。
倉敷太郎さまのおっしゃるとおり、この染色像からは、グラム染色性が悪いのが特徴なので、FusobacteriumやCapnocytophagaを疑うと思います。猫の咬み創で膿瘍からになるのでCapnocytophagaを疑います。

オキシダーゼとカタラーゼの性状は動物由来のものとヒト由来のものを分別するのに良いですね。

PasteurellaはHaemophilusとの鑑別が難しいのですよね。
写真(http://gram-stain-id.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_0670.html)

高齢者が危険因子ではないようです。咬む動物の種類や発症までの時間などが狂犬病などとの鑑別だそうです。

投稿: 師範手前 | 2008年10月27日 (月) 18時53分

 こたろうさま、僕も最初に頭に浮かんだのは、パスツレラ菌でした。猫、グラム陰性桿菌→Pasteurella Multocida と。僕も猫に引っかかれたり噛まれたりした患者さんが微熱が続いていて、膿瘍からこの菌が出たことがあります。自分の体験したことは、記憶にも定着しやすいので、つい真っ先に頭に浮かんでしまいます。
 でも、間違いは恥ずかしくありません。こうしたことで、倉敷太郎様や師範手前様が鑑別のコツを教えてくださりました。おかげさまでわたくしも、勉強させていただきました。Pasteurella MultocidaはHaemophilusのようにみえて、鑑別が難しい形態なのだ、と僕の脳みそにインプットしておきます。

投稿: 三省 | 2008年10月27日 (月) 23時21分

三省さま

安易に猫に咬まれたのでBartonellaやPasteurellaとするのは臨床微生物学で言うと危険なのかな?と検査をしていて思います。Capnocytophagaの重症例は最近良く聞きますので、ご注意下さい。動物由来のものは人由来のものより病原性が強いような様相です。菌種も全く違うので、分離や同定には少しコツが要ります。そのコツは臨床からの情報が非常に大切になりますので、是非ペットに咬まれた傷であればその情報を検査室へ頂ければと思います。
Bartonellaは2週間程度発症にかかるようで、時間が必要です。時間が要るのは増殖に時間が掛かるからで、培養にも時間が掛かります。通常血液培養は5-7日で終了→廃棄しますので、Bartonellaを疑う場合は、その理由を言うことは大切です。

Pasteurellaは当院でも気管支炎や肺炎例を見ます。週末肺気管支に感染するようですが、気管支拡張作用を持つようです。

投稿: 師範手前 | 2008年10月27日 (月) 23時32分

 師範手前様、ありがとうございます。とっても勉強になります。犬にかまれた、猫にかまれた、は鋭い歯を持っているだけに、傷も深く怖いですね。Capnocytophagaもなお、勉強しておきます。

投稿: 三省 | 2008年10月28日 (火) 01時32分

三省様、優しい言葉ありがとうございます。
吸収する事だらけで大変勉強になります。
これからも師範手前様、皆様もご指導お願いいたします。

投稿: こたろう | 2008年10月28日 (火) 02時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土曜は中部地区の微生物検査研修会です | トップページ | 第15回中部地区微生物宿泊研修会参加者へ朗報? »