« カンジダ!?いや・・・ | トップページ | 腸球菌を疑いますか? »

2008年8月28日 (木)

少しステージが進んだ肺炎

先週、解説付きで記載しました肺炎の話ですが、最近このようなスメアを見つけました。

起炎菌と肺炎のステージが合致しません。どう考えるか?(まだ、エビデンスは確立させてませんが)

気管支肺炎から状態が悪化して、小葉単位の肺炎からさらに進んだ肺炎ではないかと思う症例です。

通常、気管支肺炎のタイプなのに、フィブリンの塊が集積しているのが理由です。

菌は分かりますよね?イメージして下さい。

100_3 ×1000

600_5 ×1000

|

« カンジダ!?いや・・・ | トップページ | 腸球菌を疑いますか? »

グラム陽性菌」カテゴリの記事

コメント

師範手前さま

>気管支肺炎から状態が悪化して、小葉単位の肺炎からさらに進んだ肺炎ではないかと思う症例です・・・

市中肺炎だったのでしょうか、炎症反応の強い、グラム染色の形体から黄色ブドウ球菌をイメージさせられます。

黄色ブドウ球菌は多くのプロテアーゼを産生し、小葉間を越えて広がり、胸写では比較的典型な気管支肺炎像になり、合併症として胸膜の破壊が強く膿胸など伴ないやすいですね。

確かにフィブリンの塊のようなものも認められますね。しかし、市中の肺炎であれば珍しいと思います。なにか先行した感染症にでも罹った後なのでしょうか、インフルエンザとか?

投稿: 倉敷太郎 | 2008年8月28日 (木) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カンジダ!?いや・・・ | トップページ | 腸球菌を疑いますか? »