« もう菌マイナスだけ返せない、あなたのために | トップページ | なる~~~ »

2008年5月29日 (木)

似たもの同士

先日、当院のグラム染色の菌名当たる確率について計算しましたが、殆どが90%以上でした。ただ単に、グラム陰性桿菌とだけ正答するのではなく、喀痰に関しては菌名ズバリを当ててみました(尿はズバリは当たらないことが多いので)。

そのうち、外れた症例で塗抹でインフルエンザ菌と報告したが、発育してきたのが緑膿菌だった症例ありました。長期入院歴のない、慢性呼吸不全の患者でしたが、自身を持ってインフルエンザ菌と言ったものの、緑膿菌だった自分に反省です。CAZを投与しようかと検討していたので、問題無かったのですが。その後、悔しくていくつか振り返り再検討しました。

そしたら、あることが判りました。

普通に考えると、緑膿菌は集族する傾向が多いようです。インフルエンザ菌は散在する。今回判ったことが、貪食細胞内でも視れる現象であることが何となく判りました。

良く視ると、そう思えてきます。どうでしょう?

じゃどっちがどっちでしょうか?①の方②の方?

Photo

Photo_2

|

« もう菌マイナスだけ返せない、あなたのために | トップページ | なる~~~ »

グラム陰性菌」カテゴリの記事

コメント

>緑膿菌は集族する傾向が多いようです。インフルエンザ菌は散在する。

言われてみれば、確かにそんな気がします。
それにしても、貪食細胞内でも同様の現象とは・・・少し驚きです。

問いに対しての答えですが、(1)がPseudomonas、(2)がHaemophilus、でどうでしょう?
アテズッポウで申し訳ありませんが。。。

投稿: 勤ノ字 | 2008年5月30日 (金) 13時07分

 う・・・難しい・・・僕も、最初の書き込みなしで見たら迷いなくインフルエンザ桿菌と両方とも答えます。説明をうかがった上で、その上で見て、勤ノ字さんと同じように見ますが、前振りなしだと緑膿菌だなんて思いもしません。
 ここで勉強すればするほど、とてもためになります。これは、迷いにつながる部分かもしれませんが、あれっと思ったらやはり培養にも提出することですね。
 話はそれますが、以前書かせていただいた血液培養ボトルのこと、外部委託検査センターにお願いして、使用期限切れの前に交換していただけることになりました! ということで、昨日から2セットずつ置くことになりました。しかし、1セット900円と高い・・・でも、必要なときにはきっといつかあるから、1800円は無駄にはならないので、準備しています。

投稿: 三省 | 2008年5月30日 (金) 18時35分

勤の字さま、三省さま いつもコメントありがとうございます。

勤の字さま 正解です。解説無くても判りますか?言われてみれば・・・でしょうか?こうやって診ると判りますよね。グラム染色の比較は楽しいです。

三省さま
細菌検査の容器に関しては、無料提供をすると過剰サービスということで出来なくなったようです。無料提供出来ると以前書きましたがすいません。調べたところ公取協からの指導もあったようです。2セット採れるので検出率上がりますかね。

投稿: 師範手前 | 2008年5月30日 (金) 22時18分

師範手前さま
>集族と散在は、貪食細胞内でも視れる現象である・・・

確かに、一見するとインフルエンザ菌と見間違いますが、こうして並べて見ると、似て非なるものという事が分ります。
貪食細胞内内でも比較的その散在傾向出てますね。


三省さま
血液培養ボトルの件良かったですね。
最近、何かと厳しい世の中になってしまいました。

投稿: 倉敷太郎 | 2008年5月31日 (土) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もう菌マイナスだけ返せない、あなたのために | トップページ | なる~~~ »