« 豪華なメンバー | トップページ | もう菌マイナスだけ返せない、あなたのために »

2008年5月26日 (月)

1度ある時は2度あることが多いです

嚢胞性肺繊維症の場合には、インフルエンザ菌や緑膿菌が、塗抹染色で見えたらほぼ確定!!というブログを掲載しましたが、じゃ、同じような患者背景をもった方は、一度きたらまた来るということは良くあることです。でも塗抹は同じに見える訳ではありません。

こんなスメア見えたらどうしましょう?同じコメントで返せますでしょうか?

Photo

×400

Photo_2 ×1000

|

« 豪華なメンバー | トップページ | もう菌マイナスだけ返せない、あなたのために »

グラム陰性菌」カテゴリの記事

コメント

今回のスメアでは染色性が良い中型のGNRで、スメアの中で存在感があり、Pseudomonas, H.influenzaeといったものとは様相が違うように思います。
むしろE.coli, Klebshiellaなどが疑われるのではないでしょうか?

投稿: highgear | 2008年5月29日 (木) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豪華なメンバー | トップページ | もう菌マイナスだけ返せない、あなたのために »