« 心配性でしょうか? | トップページ | オフ会?グラム染色道場 »

2008年2月12日 (火)

あなたのお名前何て言うの?

今回は重症膵炎患者で採取された膿瘍から検出された菌です。重症膵炎時は菌の検出が難しく、特に膵臓の穿刺など非常に危険を伴うものです。膿瘍がしっかりと形成されているうちは、未だ良い方ですが、のう胞のままであると起炎菌は決まらない、グラム染色も出来ないといった悪循環になります。頼みの綱の血液培養はこの場合陽性確率が低いようで、陽性になれば良いのですが、陰性ならジレンマも一層酷くなります。陽性にならないから血液培養をしないというのはまた違う意味でマイナスです。可能性があるなら採取しましょう。

治療はグラム陰性桿菌に合わせて、カンジダが良く出るので標的治療にする必要性があるそうです。重症膵炎で困った症例で色々文献読むと書いてあります。フムフム。

で、こんな膿瘍が後から採れました。グラム陽性の球菌でやや大型⇒カンジダ?と思えます。じゃあ、FLCZが第一選択になろうかと思いますが、このスメアでは妥当でしょうか?

Photo_3 ×400

Photo_4 ×1000

|

« 心配性でしょうか? | トップページ | オフ会?グラム染色道場 »

グラム陽性菌」カテゴリの記事

コメント

いつも勉強させて頂いておりますが、この度初めて投稿させて頂きます。お手柔らかに。

グラム染色所見では、確かに大型の均一に染まるグラム陽性の微生物で、カンジダだとは思います。しかし、仮性菌糸(でしたっけ?)形成も弱く、腸管が絡む部位となれば、C. albicansよりはC. glabrataを疑います。
とすると、FLCZで良いの?と聞かれると少し困ってしまいますね。ショックを呈しているような重症症例であれば、結果が出るまではAMPHか、十歩譲ってMCFGを選んでおく方が無難かもしれません。MCFGもそろそろ地位を確立しつつありますね。

ところで、私の病院でも膵生検後の発熱患者で、血液培養からC. guilliermondiiが検出された事があります。後腹膜は恐るべき臓器ですね。

投稿: 勤ノ字 | 2008年2月14日 (木) 10時19分

勤の字さま 初コメントありがとうございます。後腹膜は本当に恐ろしいです。
>仮性菌糸(でしたっけ?)形成も弱く、腸管が絡む部位となれば、C. albicansよりはC. glabrataを疑います。
素晴らしいです。大正解になります。良く観察されていますが、検査技師さんでしょうか?診療科の先生でしたら段持つですね。

投稿: 師範手前 | 2008年2月15日 (金) 12時25分

師範手前 様

そうでしたか、やはり・・・。当方、都内で勤務医をしております。一応、お医者さんです。
研修医教育として、入門者はまず尿のグラム染色をしてもらい、「こんな検体を培養に出してはいかんぜよ」という教育材料として、Candidaはよく遭遇しています。今回は偶々です。いつも難しいのばかりですが、頑張って挑戦しますので、色々と教えて頂ければ。よろしくお願いします。

投稿: 勤ノ字 | 2008年2月15日 (金) 15時49分

勤の字さま 勤務医ですか。凄いと思います。検査技師でも理屈は知っていても、実際グラム染色をして繋がらない場合もあるので。なので、今回はアゾール耐性と考えるのがベストかもしrてません。難しい症例ですか。皆に言われますが、簡単な症例も交えて行きますので宜しくお願いします。

投稿: 師範手前 | 2008年2月15日 (金) 17時04分

答えを掲載してませんでした。
Candida glabrataです。仮性菌糸が見えない。丸い、アルビカンスにより大きいです。カンジダも念じれば菌名が判りますよ。

投稿: 師範手前 | 2008年2月29日 (金) 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心配性でしょうか? | トップページ | オフ会?グラム染色道場 »